競馬場特徴が似てるコース比較

最終更新日:

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

JRAの競馬場は全国に10場あり、特徴が似ているコースもあれば、まったく違うコースもあります。実際に比較してみましょう。

JRA全場比較

似ている競馬場

意外と共通点が多いのは東京と中京の2場です。

東京項目中京
左回り 回り方向 左回り
大きい コーナー 小&中
あり 道中起伏 あり
長い 直線距離 長い
あり 直線登坂 あり
野芝 野芝
9cm 砂厚 9cm

コースの形状としては似ているものの、中京はローカル場なので出走馬のレベルがあまり高くないため、中京で活躍したからと言って、それが東京で通用するとは言い切れない場合が多いです。

あと、中京は関西の栗東トレーニングセンター(競走馬の家の場所)からかなり近く、逆に関東馬にとっては遠いので、東京で好走した馬が中京でも好走するとは限らないんですよね。

※競走馬も長距離輸送は疲れてしまいます。

関東の主要競馬場比較

東京と中山にはどんな違いがあるか見てみましょう。

東京項目中山
左回り 回り方向 右回り
大きい コーナー
あり 道中起伏 超あり
長い 直線距離 短い
あり 直線登坂 超あり
野芝 野芝
9cm 砂厚 9cm

関東にあるメイン場と言う事で、東京⇔中山を繰り返し走る馬は多いですが、結構特徴は異なります。東京競馬場は広い・長いという感じで、中山は短い・凸凹と言った感じですね。

直線で一瞬の末脚が活きる東京と違い、中山はパワーがあって、すぐには疲れずロングスパートできる馬が有利になりやすいですね。

関西の主要競馬場比較

京都と阪神にはどんな違いがあるか見てみましょう。

京都項目阪神
右回り 回り方向 右回り
小中大 コーナー 小中大
あり 道中起伏 少ない
短&長 直線距離 短&長
なし 直線登坂 あり
野芝 野芝
9cm 砂厚 9cm

京都と阪神も結構似たところが多いです。どちらも右回りで、コーナーは1・2コーナーが小さく、内回りコースの3・4コーナーは中くらいで、外回りコースは大きいですね。

直線も内回りコースだと短く、外回りコースは長く、違いは高低差はレース中盤にあるか、最後の直線にあるかってところですかね。

JRA全場比較

ゴール前直線距離比較

下のグラフはJRA全場の最後の直線の長さを表しています。茶色がダートコース(砂)で、緑が芝コース、薄い緑は内回りコースを表しています。

中央競馬-競馬場-直線距離比較

要所比較

直線距離以外のポイントを一覧表にして比較してみました。

JRA全場比較一覧表

こうしてみると、直線が長い・直線に坂がある・小回り…みたいな局所的には共通点があっても、10場それぞれに個性があって、まるっきり同じような競馬場は無いって事がよくわかります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項