名古屋競馬 笠松競馬 馬の能力差 レベルの違い 名古屋馬と笠松馬どっちが強い?

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

名古屋競馬と笠松競馬は同じ東海地区という事で1週間おきに交互に開催し、自場が休みの時でも騎手や馬がもう一方に遠征してレースに出走することは珍しくありません。

そこで気になるのが名古屋競馬と笠松競馬の馬の能力差です。同じようにCクラスで走っている馬であっても名古屋競馬のCクラスと笠松競馬のCクラスとでは走っている馬の能力やレベルが違うわけですね。

今これを書いている時点では馬のレベルは圧倒的に名古屋競馬所属馬の方が上で、名古屋競馬場に笠松馬が遠征してくると、笠松での着順を基準に判断されて人気する割には不発が多いですし、反対に名古屋馬が笠松競馬場に遠征してくると、名古屋で微妙だったのに笠松ではぶっちぎりで勝ったりします。

どちらの競馬場であるかに関わらず、まずは名古屋競馬所属馬から検討するのがベターですね。

ただし、笠松競馬も古くはオグリキャップ(笠松デビューで中央移籍して有馬記念含むG1を4勝)とか、ライデンリーダー(デビュー後11連勝して名古屋競馬の重賞2つをぶっちぎりの大圧勝し、JRAの桜花賞4着)とか、ラブミーチャン(デビューから6連勝、名古屋重賞もぶっちぎりで勝ち、全国のJRA交流ダートグレード4勝)などの強烈な名馬を輩出する事もあるので、笠松馬だからと言って過去レースの内容を吟味せずに切るのは得策ではありません。

また、わざわざ馬運車の燃料を焚いてまで他場に遠征してくると言う事は、なにかしらの計算があっての事である場合が多く、それがただ単に馬の体調が良いので出走手当やわずかな着賞金が欲しいだけなのか、それとも勝算あっての殴り込みなのか、そこは見極めないといけない。

それから名古屋競馬と笠松競馬では1400mの距離設定が最も多く施行されるレースになるが、名古屋と笠松とでは同じ1400mを同じ馬が走ってもタイムが違ってくる。

名古屋競馬と笠松競馬のタイム差にもそれは書いたので詳しくはそちらを読んで欲しい。名古屋競馬と笠松競馬でコース特徴がどのように違うかについては、名古屋競馬場1400m詳しいコース特徴笠松競馬場1400m詳しいコース特徴などが参考になるので読んでみてください。

もっと馬券力アップさせたい人はうまめし.com 競馬必勝法を読んでみてください。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項