サマーチャンピオン 過去データ 傾向 予想のヒント 佐賀競馬

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

サマーチャンピオンは佐賀競馬場の1400mコースで行われるダートグレードレースです。サマーの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきましょう。

サマーチャンピオンの過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は3.3.2.2と、まずまず信頼度が高い事が伺えます。

うまめし偏差値:42

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は42で、どちらかと言えば平穏な決着に終わる年の方が多いレースだと言えますね。1番人気が勝つことが多いので当然の結果と言えるでしょう。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 1320 3770 27280
2017 300 560 2540
2016 180 470 1140
2015 190 1120 4520
2014 220 5210 35600
2013 640 250 39200
2012 220 640 3570
2011 540 530 3200
2010 490 1560 17140
2009 270 130 890
2008 180 330 2920

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、大雑把に内と外の2つに分けると、どちらかと言えばやや内枠が優勢ですが、外枠だとダメという事はありません。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

2018年は8枠→3枠→7枠の順で決着しました。

佐賀競馬場の1400mコースについては佐賀1400m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、逃げ馬が5勝で圧倒的に優位であり、過去10年に勝った馬は全て4コーナー時点で先頭に立っていました。レース序盤で4番手5番手ぐらいまでにはいないと勝ち切るのは難しそうですね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

2018年は5番手→逃げ馬→4番手の順で決着しました。

undefined

予想のヒント

ダートグレードは中央競馬所属馬が圧倒的に強いですが、このサマーチャンピオンで地方馬が1頭も馬券に絡めなかったのは過去10年間で3回だけ。つまり3連複や3連単では地方馬は全く無視するわけにはいかないってことです。

過去10年間の勝ち馬・2着馬を見てみると、前走で「プロキオンステークス」を走っていた馬が多い傾向があります。やはり中央競馬のG3からだと、オープン特別並にメンバーが弱化するので、勝ちやすいみたいですね。

ただしプロキオンステークスと着順の連動性は高くはなく、必ずしもプロキオンステークスで好走している必要はなさそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする