競馬 好位とは番手とは中団とは【意味解説】

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

競馬の位置取り(ポジショニング)で使われる好位・番手・中団という言葉があります。

好位…馬群の先頭から数えて3番手〜7・8番手ぐらいまでを好位と呼ぶ事が多いが、7頭立て8頭立てなど少頭数の場合は3番手〜4番手あたりまで。

番手…頭数を問わず馬群の先頭から数えて2番手にいる馬の事。

中団…頭数を問わず馬群の隊列の大体真ん中や、その前後数頭の範囲にいる場合を指す。

好位とは【詳細】

競馬中継の実況を聴いていたりすると「○○が絶好位につけて…」などと言っていたり、レース後にTVの出演者が「好位から抜けだして…」みたいな表現をする事があります。

これは特に決まりや定義が無く、かなり曖昧な使われ方をします。というのも好位というのはレースの流れや出走メンバーによって違うからです。

好位とは好位置、つまり「ましい置」という意味ですから、逃げ馬にとっての好位置はどう考えても先頭ですし、追い込み馬にとっての好位置は後方になる場合が多いです。

でも逃げ馬や最後方の事を好位と呼ぶ事はありません。

大体の場合は2番手を除いた先行馬〜差しポジションの中でも比較的前めのグループに位置する馬が「好位」と言われる事が多いですね。

逃げ馬と2番手が互いに消耗してしまった時に、漁夫の利を得やすいわけです。

番手とは【詳細】

番手とは2番手の事で、これ以上の説明は不要ですが、なぜ3番手4番手ではなく2番手だけが「番手」と呼ばれるようになったか気になりませんか?

それは競馬では逃げ馬が有利と言われていて、2番手の馬が逃げ馬に並びかけて行くと、ペースが上がって逃げ馬は苦しくなります。逆に2番手の馬が逃げ馬にチョッカイを出さないと、逃げ馬は楽に自分のペースで逃げれて有利になります。

つまり、一番有利な逃げ馬に楽をさせるのか苦しめるのか、それを左右するポジションにいるのが2番手というわけで、わりとレース展開のキーマンなわけです。

なので2番手だけは「番手」と特別な呼び名が付いてるんですね。

中団とは【詳細】

中団とはどのあたりを指すかというと、読んで字の如くという感じですが、馬群の隊列のちょうど中腹・真ん中あたりを中団と言います。

レースのペースが速いと見ればじわりと位置を下げてスタミナを温存する。逆にペースが遅いと見れば早めに仕掛けて前に詰めていく…という、レースの動きを見て自在に立ち回りやすいというメリットがあります。

ただし、馬群が密集しやすい位置であり、中団外目なら自在な動きがメリットになりますが、中団内目で馬群に包まれていると、身動きが取れずデメリットが大きくなります。

補足:競馬 逃げ 先行 差し 追い込み マクリ【意味解説】

私からのプレゼントです!

累計1万900名以上が読んだ無料レポート『競馬必勝法はじめの第一歩』差し上げます!

このレポートだけでも充分あなたにとって有益だと思いますが、さらにメルマガを読み続けてくれた方にはこっそりと…

  • 誰でも馬券回収率が57%アップしてしまう方法とは?
  • 競馬予想会社の闇手口を全て暴露!
  • 馬券でほぼノーリスクで100万円儲けた話
  • 競馬予想アプリの罠を無断で公開します!
  • 初心者でも三連単で簡単に勝ちまくる話
  • 上級者の勝ち組だけが知ってる予想ファクターとは?

などなど、上記はほんの一部ですが、そういう表には出てこないような裏話も公開していきたいと思います。興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。1分以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない時は迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除ができます。他のサイトとは違い迷惑メールは送りませんし、去るもの追わずで気持ちよく即時に解除できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする