競馬 複勝 平均配当 オッズの見方 オッズの仕組み

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

今回はかなり初心者向けの記事ですので、競馬歴の長い人はスルーしてもらって良いかも知れません。競馬では複勝の平均配当は何円ぐらいなのか、そしてオッズ表示の見方やオッズが決まる仕組みについて解説したいと思います。

以下の表を見て頂くとわかる通り、複勝とワイドのオッズは他の馬券と違って実数ではなく範囲で表されます。左側の小さい方がオッズの下限で、右側の大きい方の数字がオッズの上限となっています。

馬番馬名単勝複勝 (3着払い)
1ムーンクレスト108.97.5-21.5
2ネオスターダム17.12.1-5.4
3ルージュバック1.71.1-1.2
4アッシュゴールド6.01.3-2.9
5ポルトドートウィユ3.61.1-1.4
6レガッタ8.41.4-3.4
7エメラルヒマワリ157.412.6-36.4
8グリュイエール19.12.2-5.8

複勝のオッズの特徴を簡単にリストアップしてみました。

競馬の複勝オッズや配当金の計算方法

具体的にどのように複勝のオッズや配当金が決まっていくのか順を追って説明したいと思います。

馬番馬名票数
1ムーンクレスト20819.00
2ネオスターダム91985.00
3ルージュバック679293.00
4アッシュゴールド184780.00
5ポルトドートウィユ507378.00
6レガッタ155199.00
7エメラルヒマワリ12100.00
8グリュイエール84848.00
総評数1736402.00
的中票数1371451.00
外れ票数364951.00

上記の表は2015年のきさらぎ賞での実際の複勝の売上票数を表したもので、言うまでもありませんが1票=100円です。(数字が赤いのは3着以内に入った馬です)

※余談ですが、馬券とは本来1枚10円なんですがどうして1票=100円なのかと言うと、現在では10枚まとめ売りしかしていないからです。なのでSPAT4ロトで50円以上10円単位で馬券が買えるのも当たり前の話なわけです。

複勝の配当金決定の計算式は
= (計算しようする馬の票数 + 外れ馬券票数 / 的中馬券の数) * 控除率

控除率とはテラ銭の事。自分で色々計算して試してみたいなと言う人は競馬のオッズ計算方法 単勝 複勝 枠連 馬連 馬単 ワイド 3連複 3連単 2014年改正以降最新バージョンのプログラムを使ってください。

※テラ銭とは、その昔お寺が富くじ(現在の宝くじ)を取り仕切っていて、富くじの売上から金をピンハネして収益としていた事から「寺銭」が語源で、要はバクチの胴元が取り分として取るお金の事を控除とかテラ銭と呼ぶわけです。

そして、上記の計算式に照らし合わせて計算した結果が以下の通り。

馬番馬名元返し分配当資金総額倍率
3ルージュバック679293.00640754.670.94
4アッシュゴールド184780.00245144.271.33
5ポルトドートウィユ507378.00503222.670.99

3番の配当が100円に対して0.94倍なので94円(つまり元本よりマイナス6円)で、4番が133円で、5番が99円の払い戻しとなります。

ですが、現在競馬の払い戻しは10円単位なので10円未満の端数は切り捨てで、また100円未満の配当金の場合は100円元返しが保証されるので100円になり、中央競馬の場合は現在プラス10制度があるので110円まで引き上げられて、以下の表のような払い戻し金になります。

馬番馬名配当
3ルージュバック110円
4アッシュゴールド130円
5ポルトドートウィユ110円

基本的に配当金の計算式は中央競馬も地方競馬も同じなのですが、中央競馬はプラス10制度があり、地方競馬には元返し制度しかない事が違います。稀にプラス10があるので絶対に110円つくと思っている人がいるようですが、違います。普通に過去のレースの結果見てりゃわかるだろ…と思うのですが、不思議です。

※プラス10制度はあくまでキャンペーンであり、また10円プラスされるのは複勝の売上票数総額の範囲内なので、10円付けたら払い戻し金額が複勝の総売上票数超えちゃうよ。という場合にはプラス10は発動せずに元返しでの確定となります。

こうして計算してみると面白いですよね、3番ルージュバックの複勝なんかだと本来は90円の配当であるものが110円の払い戻しになるので20円も余分に貰えているわけですよ。

で、レース確定前にこれらの計算を全通り行う事で、1.1-1.4というような範囲で表すオッズ表示になります。上記で紹介した計算式の「外れ馬券票数 / 的中馬券の数」の部分があるので、人気馬とセットになった時は払い戻し原資が減るし、人気薄とセットになった時は払い戻し原資が増えるので、こうした幅のある範囲表示でのオッズとなるわけですね。

競馬の複勝では平均配当はいくらなのか?

例えば、2月7日から2月8日までの2日間で、東京競馬・京都競馬・小倉競馬の全レースを対象に複勝の平均配当を計算してみると、72レースで2着払い1回と3着同着で4頭が対象になったレースを含めて全216頭の平均配当は400円になりました。

へぇ、複勝の平均配当は400円か、じゃあ複勝オッズが4倍前後の馬を狙うのが当たりやすいかな?と考えるのは大きな間違いです。

平均と言うのはあくまで数値の集合体の凸凹を平らにならしただけの事で、ここで配当レンジという考え方をすると実像が見えてきます。

配当件数シェアシェア合計
100-1908238.0%38.0%
200-2904922.7%60.6%
300-390209.3%69.9%
400-490177.9%77.8%
500-590156.9%84.7%
600-69041.9%86.6%
700以上2913.4%100.0%
合計216

複勝の実に7割は400円未満の配当である事がわかります。統計を少し学んだ人ならわかると思いますが、平均という数値はさほど役に立たない事が多いんですよね。

もし、私の実践している馬券術を知りたければ、うまめし.com 競馬必勝法で公開している競馬教科書に詳しく書いているので、興味があればそれを読んでみてください。きっと役に立つと思います。

競馬に絶対は無い!
…けど、馬券で毎月60万ぐらい稼ぐ方法ならあります。詳細はこちら
※人数限定のため急いでください!

私からのプレゼントです!

累計8300名以上が読んだ無料レポート差し上げます!

などなど、上記はほんの一部ですが、興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。30秒以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない場合は迷惑メールフォルダも確認してみてください)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除が可能です。内容が濃すぎて解除したくはならないとは思いますが、去る者追わずで気持ちよく簡単に解除できるので、気軽に申し込んでください。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項