京都競馬3170m障害コース特徴・京都ジャンプステークスの傾向

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

京都競馬場の障害3170mコースは順周りのホームストレッチ側、4コーナー付近からのスタートとなっていて、スタートするとすぐに最初の生垣障害があり、その後水ごう障害を飛び、また生垣障害を飛んで1コーナーへ右回りで進入します。

最初のコーナーまでは十分な距離があるものの、最初のコーナーまでの間に3つの障害を飛越するので、先行力・枠順・障害飛越の上手さの3拍子揃った馬が有利。

京都競馬場の障害コースは通常の平地競走のコースほどアップダウンの勾配がありませんし、最後は4コーナーをまわるとダートコースを横切って平地競走で使 われる通常コースの直線へ入るのですが、直線は250mほどの短い直線で、しかも平坦で、さらに最後の障害が1つありますから、最後の障害で先頭の馬がバ ランスを崩したり落馬したりしない限り直線だけで差すような競馬は難しいですね。

障害コースも内回りと外回りがあって、1周目は内回りのバンケットと呼ばれる障害があり、ステージのように一段高くなった場所に飛び乗り、そして飛び降りると言う障害なのですが、ここはとてもバランスを崩しやすいので勝負のポイントの1つです。

基本的には京都競馬の特徴そのままの先行して粘れるタイプが有利のコースです。枠順よりもどれだけ最初の3つの障害をスピードを落とさずに先行しきれるか?が勝負を左右します。

競馬で儲ける詳しい方法はうまめし.com 競馬必勝法で公開しています、是非参考にしてみてください。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項