セントウルステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

セントウルステークスは阪神競馬場の芝1200mコースで行われる重賞です。セントウルステークス過去10年間の配当・人気・枠順・脚質・馬齢・前走・ローテーション・血統・騎手などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

コース特徴

波乱傾向1人好走追込不利休明注意

人気・配当傾向

1番人気

単勝1番人気は4.4.1.1で、馬券には文句なしに絡んでいるものの、休み明けなどの調子面から取りこぼしも多い傾向にあるようです。

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
1 5 7 タワーオブロンドン 牡4 57 ルメール 1:06.7 7-7 33.2 2.7 1
1 8 14 ファインニードル 牡5 58 川田将雅 1:08.8 6-6 34.6 3.4 1
1 5 7 ファインニードル 牡4 56 M.デム 1:07.5 3-3 33.4 3.1 1
1 1 1 ビッグアーサー 牡5 58 福永祐一 1:07.6 1-1 34.5 2.1 1
2 8 16 ウリウリ 牝5 54 岩田康誠 1:07.8 ハナ 13-11 32.8 3.4 1
2 8 15 ハクサンムーン 牡5 57 戸崎圭太 1:07.6 1.1/4 2-2 34.6 2.5 1
2 6 9 ロードカナロア 牡5 58 岩田康誠 1:07.5 クビ 3-3 33.4 1.4 1
2 5 9 ロードカナロア 牡4 56 岩田康誠 1:07.3 アタマ 3-3 33.7 2.2 1
3 8 14 ダッシャーゴーゴー 牡4 58 川田将雅 1:08.6 1/2 7-4 34.1 2.0 1
6 8 16 スカイノダン 牝4 55 国分恭介 1:08.5 1/2 3-2 34.4 4.3 1

こんな感じ。

波乱度

このセントウルステークスはG1スプリンターズSの前哨戦的な位置付けの重賞ですが、当時短距離最強とまで言われたロードカナロアも過去に2回挑んで勝てなかったレースです。

うまめし偏差値:55 Bタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は55のBタイプ(バランス)で、平均よりも比較的安めの配当と高めの配当の両極端な結果になる年が多く、その中間の平均的な配当での決着が少ないレースです。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2019 270 130
340
180
2,070 2,220 780
350
1,300
3,380 4,060 19,570
2018 340 150
170
350
670 730 340
1,040
1,290
1,400 4,010 15,660
2017 310 140
470
260
1,980 3,090 1,130
650
2,400
4,500 7,570 36,810
2016 210 110
160
700
450 490 230
1,410
1,980
840 5,050 15,990
2015 4,800 1,010
180
460
4,330 11,010 2,780
8,730
1,240
29,740 40,700 405,590
2014 780 200
130
150
1,180 1,180 470
560
370
2,680 1,900 11,510
2013 440 120
100
150
210 240 140
350
190
670 430 2,420
2012 1,650 400
130
1,710
380 1,670 700
14,090
4,510
4,920 61,870 378,500
2011 640 180
360
110
1,590 4,760 1,460
290
640
8,460 3,080 26,290
2010 960 320
260
390
3,790 3,700 1,610
2,070
1,680
7,900 14,010 88,570

こんな感じ。

枠順・脚質傾向

枠順の傾向を見てみると、勝率では1枠が優勢で、複勝率だと8枠が優勢になっていて、内か外の極端な枠の方が無難な印象です。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
勝率 優勢 平凡 劣勢 劣勢 平凡 劣勢 劣勢 平凡
複勝 平凡 劣勢 劣勢 劣勢 劣勢 劣勢 劣勢 優勢

脚質の傾向を見てみると、実に短距離らしい逃げ・先行有利な傾向があります。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

最初のコーナーで8番手以降のポジションにいると、まず馬券に絡む事すら厳しい状況と言えますね。

最初のコーナーを9番手以内で通過出来ない馬は殆ど馬券に絡んでおらず、中団の馬群の中で直線まで身動きが取れないなどと言うのは最悪で、先手が取れないならばコーナー部で仕掛けていけ外目に出せる馬でなければ話になりません。

枠順の有利不利については阪神競馬場芝1200m詳しいコース特徴を読んでもらえればわかる通り、コースレイアウトの割に外枠の活躍が目立つレースだと言えます。

2019年・中枠の好位差し決着
2018年・枠順的には大きな有利不利は感じられなく、逃げ・中団・追込みと多彩な脚質での決着となった。

予想のヒント

前走・ローテーション

過去の上位馬にある程度共通しているのは…

  1. 過去に重賞連対経験がある事
  2. 夏場に実践で使っている事

などがあります。

なので春以来の休み明け一発目なんかは凡走のリスクも覚悟の上で買わないといけないし、前走がオープン特別や1600万条件だった馬は、過去10年間で延べ22頭いて馬券に絡んだのは1頭だけでした。

過去10年間の勝ち馬の半数は北九州記念出走馬から輩出されています。

馬齢・斤量・ハンデ

3歳〜5歳あたりが馬券の中心になるが、6歳7歳もチラホラ馬券には絡む。斤量は基本的に重い馬の方が軸馬向きだが、斤量の軽い馬も相手候補には入れておきたい。

騎手

この週から2場開催態勢になる事が多く、3場で分散していた騎手が2場に集中するため、好調騎手リストに名前のある騎手は有力。

※リストはPCならサイドバー、スマホならページの下の方にあります。

血統・種牡馬

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒が多く勝ってますね。ノーザンダンサー系種牡馬の産駒も悪くありません。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

私からのプレゼントです!

累計1万900名以上が読んだ無料レポート『競馬必勝法はじめの第一歩』差し上げます!

このレポートだけでも充分あなたにとって有益だと思いますが、さらにメルマガを読み続けてくれた方にはこっそりと…

  • 誰でも馬券回収率が57%アップしてしまう方法とは?
  • 競馬予想会社の闇手口を全て暴露!
  • 馬券でほぼノーリスクで100万円儲けた話
  • 競馬予想アプリの罠を無断で公開します!
  • 初心者でも三連単で簡単に勝ちまくる話
  • 上級者の勝ち組だけが知ってる予想ファクターとは?

などなど、上記はほんの一部ですが、そういう表には出てこないような裏話も公開していきたいと思います。興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。1分以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない時は迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除ができます。他のサイトとは違い迷惑メールは送りませんし、去るもの追わずで気持ちよく即時に解除できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする