札幌日経オープン 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

札幌日経オープンは札幌競馬場の芝2600mコースで行われるオープン特別競走です。札幌日経オープンの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきましょう。

札幌日経オープンの過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は5.0.0.5で勝つか飛ぶか両極端で、長距離なだけに適性や展開が読みづらいのかも知れませんね。

うまめし偏差値:48 Bタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は48のBタイプ(バランス)で、三連単の配当は比較的安目の配当か、または逆に高配当になる事が多く、両極端な決着が目立ちます。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 730 1740 20560
2017 170 720 3930
2016 230 780 9670
2015 800 2080 48370
2014 150 410 9820
2013 5250 23990 665040
2012 160 2150 25660
2011 3800 17530 186820
2010 240 400 2980
2009 1340 5220 86640
2008 1560 2640 25800

2013年には函館競馬場で開催されていますが、データに含めています。

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、札幌競馬場の芝2600mコースはコーナーを6回通過するので馬群の外側にいれば、それだけ距離損が大きいのですが、馬群の外側になりやすい外枠馬もある程度は馬券に絡んではいます。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

ただし、その外枠から馬券に絡んだのは、ほとんどが人気馬なので、能力の低い馬が外枠に入ってしまった場合には、かなり運も必要になりそうです。

2018年は6枠→3枠→1枠の順で決着しました。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、逃げ先行が圧倒的に有利な印象。逃げ馬が過去10年で8回も馬券に絡んでいるところを見ると、後ろで脚を溜めるよりは先行できるスピードがあるタイプの方が攻略しやすいレースなのでは無いでしょうか。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

2018年は2番手→4番手→6番手の順で決着しました。

予想のヒント

このレースの着順と、前走の着順があまりリンクしない傾向があり、前走惨敗馬の巻き返しパターンも多く見られます。

前走でオープン特別か重賞を勝っている馬の好走例が多く、3勝クラスから勝ち上がったばかりの昇級馬は苦戦必至のデータになっています。

基本的には若くて人気のある馬が有利。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする