信越ステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

信越ステークスは新潟競馬場の芝1400mで行われるオープン特別競走です。信越ステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間(6回)の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は2.0.1.3で、信頼度は悪いとまでは言えないまでも、やや物足りなさを感じます。

うまめし偏差値:58

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は58なので、どちらかと言えば荒れる決着になる事が多いレースですね。

開催年 単勝 馬連 3連単
2017 290 3540 39780
2016 310 2950 28040
2015 1350 44040 701620
2014 1230 15300 297230
2013 1130 3550 23010
2012 2760 24380 638110

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、やや外枠優勢。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

新潟競馬場の芝1400mコースについては、新潟芝1400m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、逃げ馬は過去に1番人気だった馬が勝っただけで他は惨敗するケースが多いですね。馬券の中心は先行ポジションの馬で、差しよりも追込みの方が届いてしまっているという珍しいデータになっています。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 劣勢 優勢 劣勢 優勢

予想のヒント

過去の馬券に絡んだ馬たちの前走からのローテーションを見てみると、前走から1ヶ月から2ヶ月程度のローテーションの馬ばかりでした。

つまり休み明けや、レース間隔を詰めて使っているような馬は結果が出せていないという事で、それを反映するかのようにローテーション的に調度良い「朱鷺(とき)ステークス」や「京成杯オータムハンデ」の出走馬から好走馬が多く出ています。

ただし朱鷺ステークス出走馬は掲示板に載るぐらいの成績を出せていないと厳しい印象で、オータムハンデ組も信越ステークス当日に1番人気か2番人気になっている馬しか馬券には絡んでいません。

この信越ステークスを勝った馬のその後を追跡してみても、これと言った活躍を見せた馬は皆無で、それが信越ステークスのレベルを物語っています。

そんなレースなので展開1つでどうにでも転んでしまうので荒れやすいんでしょうね。過去の1番人気のオッズを見ても3倍前後の年ばかりで、1倍台とかのレースの中心となりそうな主役級がいないと、この難解な傾向は続くかも知れません。

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする