ばんえい競馬必勝法の研究

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

現在は北海道の帯広競馬場だけで行われるようになった、ばんえい競馬の必勝法について研究しています。ばんえい競馬の必勝法、馬券を当てるコツは、スタートの上手い馬を馬券の中心にする事です。

もちろんスタートは悪くても最後の最後で一気に追い込んで来るタイプの馬もいるんですが、やはり基本は他の馬よりも早くゲートを出て、楽に第一障害をクリアして、先頭に立ってからは一旦刻み(きざむ:馬を止める事)、他の馬が追いついて来たら進み、また刻む。

追いついて来たらまた刻む。この繰り返しで第二障害に一番最初に到着し、長く溜めて馬を休ませておいて第二障害を一気に上がる。これが必勝パターンです。

スタートがイマイチなのに第一障害から第二障害までの間に刻みを少なくして、あまり溜めずにパワーに任せて第二障害をクリアして先頭に立つと、最後の 64mある平地直線でスピードが一気に落ちてしまいます。基本的に第二障害を超えたら、馬が止まってしまった場合は別ですが、どれだけ馬が苦しそうにして も騎手が自らの意思で馬を止めて刻む事は出来ません。

なので、レースの前半の展開と言うのは非常に重要なんですね。で、その展開の鍵を握るのがスタートとダッシュ、ばんえい競馬も結局他の平地競走と肝心な部分は同じと言えるでしょう。

ばんえい競馬で有利な枠順は馬場水分が重要

普通の平地競走と違って、ばんえい競馬は1頭1頭走るレーンが決まっています。また、スタートからゴールまでは一直線なのでコーナーを小回り出来るインコースが有利…と言う事もありません。

しかし、ばんえい競馬にも枠順の有利不利はあります。ばんえい競馬は他の競馬と違って馬場状態を「良」とか「重」と言う表記ではなく、馬場水分のパーセンテージで表示します。

この馬場水分が少ないパサパサの砂の場合は、ばん馬は砂に脚を取られますからタイムが遅くなり、よりパワーが必要になります。反対に馬場水分が増えて砂が 湿っていると、しっかり踏み込めるしソリの滑りも良くなるのでしょう、早いタイムが出てスピードのあるタイプの馬が活躍しやすい状態になります。

ただし、馬場が濡れているとあまり長く止まっているとソリが地面に吸盤のような効果で吸い付いてしまうと聞いた事もあります。

馬場に雨が降り馬場が水を含み、それが晴れの日が続くと乾いていくわけですが、全てのレーンが均等に乾いていくとは限りません。多少の違いはあります。そ の微妙な違いで枠の有利不利が発生したりするんです。なので、その日の傾向を見てどこの枠番が走りやすいコンディションなのかを探るのは1つの策ですね。

全ての馬にレーンが与えられているので、平地競走のように馬群に包まれて動けない…と言う事は基本的には無いのですが、ごくごく稀に落橇(らくそり:ソリ から騎手が落ちる事)したり騎手の言うことを聞かなかったりで隣のレーンに迷惑をかける馬がいます。そういう意味では少頭数の大外枠の馬はいざとなれば外 に逃げられる分、有利と言えなくも無いかな。

参考動画:ばんえい競馬の落橇(らくそり)

ばんえい競馬はクラス編成と新馬戦が儲けのチャンス

ばんえい競馬の必勝法を研究して行くと、クラス編成に注目するべきだと言う事に気付きました。Cクラス、Bクラス、Aクラス…と馬の強さによってクラス分 けされていて、常に実力が伯仲したレースになるようなシステムになっているのですが、Bクラスでそれほど目立った活躍が出来なかった馬がCクラスに出走し てきたり、Aクラスでそれほど目立った活躍が出来なかった馬がBクラスに降級して出走してきたりすると、上のクラスでの成績はあまりアテに出来ず、オッズ の数値以上に良く走るんです。

なぜかと言うと、一番最初にばんえい競馬もレースのペースを握る事が鍵だと言いましたが、ペースを握る、またはペースを握るまでは行かずともペースに乗る、流れに乗る事が出来ると馬は実力を発揮できます。しかし、ペースに全く乗れないと大きく負けるわけです。

つまり、上のクラスでの成績が地味なのはペースに乗れなくて「大きく負けている」のであって、下のクラスで流れに乗ることが出来れば、負けたとしても大きくは負けないと言う事です。大きく負けないのであれば、当然馬券の圏内に突っ込んで来る可能性だってあると言うこと。

なので上のクラスで大敗した馬でも、相手関係が弱化した場合は軽視してはいけないのです。また、ばんえいの新馬戦は大抵少頭数になりがちで、皆未出走の馬に対して評価のつけようが無いので、新聞の印通りに馬券が売れて、1番人気の馬がやたら人気を集める傾向にあります。

しかし、初めて走る馬たちですからね、波乱があるんです。騎手だって初めて乗る馬のレースなのですから、どれぐらいのペースが最適なのかはいくら練習(調 教)で乗っていても実際のレースでは逃げたいがためか、身のほどをわきまえずか、1頭が無茶に飛ばすだけで全然レースは別物になってしまいます。

なので新馬戦の人気馬はまずは疑うところから予想のスタートをするのが良いですね。

競馬で儲ける詳しい方法はうまめし.com 競馬必勝法で公開しています、是非参考にしてみてください。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項