中山競馬場芝3600m特徴

最終更新日:

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

中山競馬場の芝3600メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

中山芝3600mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳なし
3歳平均以上
4歳以上平均以上

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

枠番 1 2 3 4 5 6 7 8
優劣 優勢 劣勢

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 劣勢 優勢 優勢 劣勢

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

中山競馬場の芝3600mコースは現在ステイヤーズステークスだけで使用されている長距離コースです。中山競馬場の芝3600mコースの詳しい特徴を分析して、競馬予想に役立つ傾向を考察していきたいと思います。

中山競馬場 芝3600mコース図

中山競馬場の芝3600mのスタート地点はホームストレッチ側の直線部分、やや4コーナー寄りで、スタートから最初のコーナーまでは338mあり、これは長距離特有のスローペースを考えれば、それほど短くはありません。

データがない

最初にも言ったように、現在ほぼステイヤーズステークス専用コースになっているので、他のレースが行われないためコースのデータが蓄積されないんですよ。

ようするにデータだけ並べて何々の血統が良いとか、何々騎手が良いとか、そういう事を言ったところであまり意味がありません。だってサンプルが10個集まるのに10年間かかるわけで、10年前と今の競馬は傾向や騎手の技術も変化していますからね。

逃げ切れないし追い込めない

この中山競馬場の芝3600mコースというのは平地競走のコースとしては日本最長の距離設定で、走破するにはかなりスタミナを要求されます。

なので過去20年まで遡っても逃げ馬でこの中山競馬場の芝3600mコースを逃げきった馬はいません。2番手3番手ぐらいの馬は勝つ馬もいますが、大体は好位・中団でレースを進めた馬が上位に来やすいです。

枠より能力

枠順の有利不利で言えば、理屈としてはコーナーが8回ある分、馬群の外を通る馬はそれだけコーナーのたびに距離ロスが発生するので馬群の外になりやすい外枠の馬は不利という事になるんですが、実際にはあまり気にする必要がありません。

それよりも3600mを走りぬくスタミナの方が重要なんですよ。そして、そこにスピードが兼ね備わっていればG1の舞台で戦えるような強い馬になるのですが、それは恵まれた馬の話で、スタミナしか無い馬もいるわけです。

そんなスタミナしか長所が無いような馬って実はなかなか出世するチャンスがありません。なぜかと言うと500万下クラスから1600万クラスのいわゆる条件戦では、1年間で2600m以上の距離でレースが行われるのはわずか24レース。

さらに言えば2601m以上のレースはゼロです。出られるレースが無いのです。

なのでこの中山競馬場の芝3600mコースは、そういう2500mや2600mでもまだ距離が足りない、もっと長くないと…という馬には貴重なチャンスなわけです。

なので、立場は1600万条件で、成績もほどほどにしか走ってないような馬が、この中山競馬場の芝3600mコースの重賞で上位に食い込んで来るパターンがよくあるんですよ。

あとはダイヤモンドステークスで人気したり上位になったような馬は、条件的にこの中山競馬場の芝3600mコースが合う場合が多いですね。

中山芝3600m 血統傾向

中山芝3600mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を知りたいところではあるんですが、なにせステーヤーズステークス専用コースなので10年間で10レースしかデータが集まりません。

データの数字だけを見ればアドマイヤドン産駒が3戦3勝で優秀なんですが、この3回ともアルバート1頭によって構成されているので、他のアドマイヤドン産駒が出走してもなぁ…という印象。

分母が少ないながらに出走数が多いのはステイゴールド産駒とディープインパクト産駒ですが、いずれも10年間未勝利状態で、10年の内3年はアルバートが勝ってるわけで、2着4回ならディープ産駒はマシですかね。

あとはネオユニヴァース産駒もデータ上の数値は良いですが、これもほぼデスペラード1頭で底上げされてる成績ですしねぇ…。

日本の馬産はダービーの2400mを勝てる馬を目標にしているので、それより遥かに長距離な3600mともなると、意図的にそういう配合を狙うという事は考えづらいですよね。

開催されるレース数を考えてもステイヤータイプの馬を生産したところで、馬を買ってくれた馬主が愛馬を走らせるレースがありません。短距離ならいくらでもレースがあります。

無尽蔵のスタミナなどと言われたゴールドシップはステイゴールド産駒ですが、ステイゴールド産駒が中山芝3600mコースで特に目立った活躍がありませんしね。

上記のような事情や状況を考えると、血統よりも個体の能力差を見た方がベターな気がします。

中山芝3600m 重・不良馬場

年間1レースしか使わないコースなので、そのコースの重馬場データともなると殆どデータがありません。

ただ中山競馬場の芝2000m以上の全レースを対象にデータを見てみると、重馬場になると若干上位人気馬の勝率が落ちます。

3600mだけそういう傾向にならない!というのは不自然なので、おそらく3600mコースでも同様の傾向が見られると思います。

ただ中山競馬場は2014年に路盤の水捌け改善工事を行っていて、まず重馬場になる事自体が減りましたし、雨が降っても馬場の回復が以前とは段違いになっているので、あまりシビアに考えなくても良いかも知れません。

中山芝3600m 騎手傾向

騎手の傾向に関してもデータが殆どありませんし、強い馬がリピート勝利しているコースでもありますから、騎手の腕よりも馬の脚の方が影響は大きいです。

ただ長距離全般に言える事なんですが、長距離レースはペース配分が命なので、やはり上手く走らせるには経験が必要なため、若手や新人はアテにせずベテランや上位騎手を買うのがベターですね。

中山芝3600m 重賞・OP

コースレコード 3:41.6

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ