名古屋競馬場1600m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

ここでは名古屋競馬場のダート1600mのコースについて分析して、傾向を掴んで馬券攻略に役立ててもらおうと思います。名古屋競馬1600mコースの最大の特徴はスタートから最初の4コーナーまでの短い先行争いで、スタート地点から最初のコーナーまでは134mほどしかありません。

名古屋競馬1600mコース図

4コーナーに進入する時には多少スピードを緩める必要がありますから、実質先行争いは100mほどで決着をつけなければなりません。時間にして8秒前後ほどの勝負です。

内枠有利も先行力が重要!

コースの形状だけで言えば内枠の方が有利に見えるのですが、実際には先ほども言ったように先行争いが短くゲートでモタついたり、ゲートを出てからの行き脚が悪いような馬は内枠だと馬群に包まれるだけでメリットがないと言うよりデメリットにもなりかねません。

逃げ一辺倒とも言える800mや1400mコースとは違って、多少差しも決まるようになりますが、無理なくハナ(先頭)を奪える馬であれば逃げ切る確率は高いです。

馬群に包まれてしまうぐらいなら外々を通った方がマシな事が多く、外枠不利ではあるものの1400mコースと比べてコーナー1回のロスである事から、最初のコーナーさえ上手くロスを最小限にして通過できれば、外枠でも充分勝機はあります。

力量差の比較には気をつけよう!

名古屋競馬ではC級などの下級条件のレースではあまり1600mの番組が組まれる事はなく、B級以上の中堅クラスよりも上の馬が走る事が多いのですが、それだけに下級クラスから勝ち上がって来たような馬もいて、勢いを買ってそこそこ人気するケースもあるものの、外枠からでは下級クラスのように簡単にはハナが奪えず大敗を喫する事も多いですね。

また上記のような特徴から、今まで1400mばかりを使ってきて、1600mが初めての経験である馬もいて、スタミナが持つのかどうか?は前走以前のVTRのゴール前の手応えを確認するなどして、最後の直線で止まってしまわないかどうか馬券購入前にチェックしておこう。

久々の1600mに出走する馬で、過去に1600mで大敗しているような馬は、いくら近走の1400mの成績が良くても、距離自体が持たない可能性もあるので、これもどの程度のスタミナがあるのか?は事前にレースVTRなどでチェックしておくと良いですよ。

名古屋競馬1600mで行われる重賞は以下の通り

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項