障害競馬 展開 有利な脚質 勝ちやすい位置取り

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

日本の障害競馬(ジャンプレース)では、基本的に有利な脚質は逃げ・先行の馬で、先頭から6番手以内ぐらいでレースを進めるのが「勝ちやすい位置取り」と言えます。

障害は当然水濠障害や置き障害、竹柵障害などを飛越しなければならないため、障害物を飛越するたびに加速と減速を繰り返しますから、平地競走のように後方で待機して後半外に持ちだして一気に加速して前に付けるという作戦が使いづらいからです。

最後の直線に障害物を設置しているコースもあり、そういう場合はさらに差し・追い込み馬にとっては勝ちづらい状況なんですよね。また、大逃げを打つ馬がいても障害競走の場合は「行きたいなら行かせておこう」と後続がつられて行かない事が多く、逃げ・先行馬がバテやすいハイペースになる事が少ないのも理由の1つです。

また、レース距離が長いという事もあって、コーナーの通過回数が必然的に通常の平地競走よりも増えるため、それだけ外枠から中途半端な位置取りを取ったのでは全てのコーナーで外を回らされて距離損が大きくなります。

↓障害競走のコーナー通過回数

障害競走のコーナー通過回数

↓平地競走のコーナー通過回数

平地競走のコーナー通過回数

上記の図を見てもわかる通り、平地競走と障害競走とではコーナーの通過回数に6倍ほどの差があり、仮に各コーナーで1mの距離損だったとしても、合計12回のコーナー通過では12mものロスになります。つまり、最短距離を走った逃げ馬と比べて12m余分に走らなければならないという事ですね。

なので、レースの序盤にスッと先行して6番手以内ぐらいに入り、各コーナーを小さく回れるか否かはレースの着順に大きな影響を与えます。

馬群の外のポジションでは先程も言ったようにコーナーで不利になりますし、かと言ってインコースでも馬群の中で揉まれるような形になれば、落馬事故が発生した時に自分も「もらい事故」になってしまう可能性が高まります。

障害競馬予想の際には、まずは「スムーズに良いポジションを確保できるかどうか?」を念頭に置いておけば、失敗を減らせるのでは無いかと思います。

あと、障害競馬は施行される回数が少ないため、1週間で4レース程度しか行われない事も珍しくありません。例えばその週の最後の障害レースで馬券が外れると、次の週まで損失を抱えた状態で取り返す事が出来ないわけです。

なので、障害は障害で研究して極めながらも、同時進行で平地競走競馬についても研究・勉強しておく事が安定した馬券収支の実現には役立ちます。もし、平地競馬でも障害競馬でも安定した馬券収支を実現したのであれば、うまめし.com 競馬必勝法を読んでみてください、きっと役に立つと思います。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項