阪神競馬3900m障害コース特徴・阪神スプリングジャンプの傾向

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

阪神競馬場の障害コース3900m(3800mもほぼ同様)は、ホームストレッチのゴール板付近から、逆走する方向を向いてスタートする。ホームストレッ チを逆走して障害を1つ飛越して、4コーナーを逆周りして障害専用コースに進入となる。そしてスタートから1周半で向こう正面側からタスキコースを通って 順周りになり、そこから1周でゴール。発走地点に戻ってくるような格好にんる。

障害コース全般に言える事だが、阪神競馬の3900mも内枠の先行馬が有利、なぜなら、順周りになるまで合計7回のコーナーを回るので、外々を通ると距離 を大きくロスする。しかも最初に外を通っていた馬は順周りに変わった時には内に閉じ込められる事になり、最初に内を通っていた馬はラストスパートのしやす い外に出てくる事ができるから。

特別難易度の高い障害は無いが、距離が3900mと障害重賞レースの中でも4番目に長く、スタミナが要求される、難易度の高い障害が無いのでペースが上がりやすいとも言えるため、逃げ馬の場合は楽に逃げられるのかどうかは馬券的に重要なポイントとなる。

最初と最後のホームストレッチ以外はずっと障害専用のコースを走るため、芝の状態は基本的に傷んでおらず、これも内枠有利に拍車をかける事となる。

阪神スプリングジャンプに限って言うと、理屈では内枠の馬が有利なはずなのだが、どちらかと言うと内でも外でも無い馬の方が良く馬券に絡んでいる。

また脚質も積極的に先行ポジションを取りに行った馬よりも、中団に控えて前がバテて後ろは伸びない…と言う展開を待つ馬が馬券によく絡む。

競馬で儲ける詳しい方法はうまめし.com 競馬必勝法で公開しています、是非参考にしてみてください。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項