中山競馬4250m障害コース特徴・中山グランドジャンプの傾向

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

中山競馬場の障害コース4250mは国内障害重賞最長距離の中山グランドジャンプの舞台となるコース。3コーナー付近からのスタートとなる(ちなみに 4100m、3570mもスタート地点は同じ)そしてスター後にすぐ障害を飛んで4コーナーを曲がるのだが、これがかなり急カーブで外枠の馬にはきつい。

コーナーを曲がり終えたところが3370m,3200m,3210m,3350m共通のスタート地点で、そこからしばらく障害専用コースのホームストレッ チを進み、2880m,3030m共通のスタート地点となる1コーナーでほぼ直角に曲がる特徴的なコーナー。これも外枠の馬には距離のロスが大きい。

そこからしばらくまた直線で障害を1つ飛んで平地競走用の芝ダートを横切る直前が2700m,2710mのスタート地点となる。つまり中山競馬場の障害コースでは全てのレースでこの直後の坂路を通る。

この坂路は高低差3.57mの急坂で、レース中継映像ではこの坂路で馬の姿がストンと落ちるように消える。そこから急坂を駆け上がり、さらに高低差5.3mを下って上り、タスキコースを横切って逆周りが始まる。

そこから4コーナー3コーナーを逆走して再びタスキコースに入り、順周りに進路が変わり、また3.57mを下って上って向こう正面から3コーナー4コーナーをまわって直線に入る。

大変タフさを要求されるコースで、通過するコーナーの数が非常に多いため外を回っていてはロスが大きい。それを嫌って、長距離である事も手伝って馬群は縦長になりやすい。

中山競馬場以外の障害コースでここまで激しいアップダウンのあるコースは無く、その高低差を攻略出来るかどうかがレースの行方を大きく左右する事になる。

中山グランドジャンプの過去の傾向を見てみるとやはり4250mと言う長丁場なだけあって逃げ切りはまず難しい。かと言って追い込みも難しく、中団で脚を溜める競馬が出来る馬が一番よく馬券に絡んでいる。

ちなみに2011年の中山グランドジャンプは東日本大震災の影響で7月に延期され、中山競馬場の芝の痛み具合からCコースで施行されたため4260mとなった。

競馬で儲ける詳しい方法はうまめし.com 競馬必勝法で公開しています、是非参考にしてみてください。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項