DASH心斎橋 指定席で馬券勝負レポート

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

本日は大阪市内にある園田競馬の場外施設DASH心斎橋に行ってきました。今日がOPEN初日なので先着1000名様には粗品が貰えるとの事で、楽しみです。

行き方は最寄り駅が大阪市営地下鉄の堺筋線・長堀橋駅で、7番出口を目指してください。地上に出たら右に進みます。しばらくすると郵便局を通り過ぎて「なか卯」のある交差点に来ますので、その交差点を右折して100mほど行った左手にあります。

こんな感じで園田競馬のイメージカラーであるグリーンの看板が目印になるので、見落として行き過ぎる事は無いと思います。ちなみに自転車は写真の左手方向の道に入っていくとあるようです。歩道上には駐輪できません。

周囲のお客さんたちは「ここでナイターも買えるんか?」と係員さんに質問していて、ナイターも買える事がわかるとやったと喜び、「園田のナイターの時期が終わっても大井や南関のナイター買えるんか?」と続けて質問していて、大井のナイターも買えるとわかるとやったやったと喜び、そんな微笑ましいやりとりが何度も見られました。

オープンの時間が近付いて来ると館内に入れてもらい、整列してオープン時間を待ちましたが、オープン間際になるとセクシーなお姉さんがゾロゾロと現れて、何事かと一瞬驚いたのですが、SKNフラッシュ8の皆さんが粗品を配りに来てくれたようです。

粗品を楽しみにしていたのですが、なんとカード型のルーペでした。うーん…高齢者が多いからって事なんでしょうね、嬉しくないなぁ…と思っていたら、私の前に並んでいた年配の男性が「なんやこれ、あ、拡大鏡か、いらんわこんなもん」と一刀両断。

一人一本ペットボトルが渡されるのですが、好き嫌いのない「水」でした。うーん、せめてコーヒーと二択ぐらいの選択肢が欲しかった。まぁこれも想定の範囲内なので、時間とともにゾロゾロと上階へと上がっていきました。

新聞は売店で買えます

エスカレーターで2Fに上がった正面に小さな売店があり、ここで競馬新聞を購入できます。園田競馬・姫路競馬なら競馬キンキ、名古屋競馬・笠松競馬ならエース、大井競馬・川崎競馬・船橋競馬・浦和競馬などの南関東競馬なら南関東競馬 専門紙 競馬新聞の特徴比較 一番予想しやすい新聞の選び方を参考にして新聞を買ってください。

パンやスナックなどの簡単な飲食物も販売していたような気がします。少なくとも飲み物は自動販売機が構内にあります。

有料席・指定席

DASH心斎橋は、この建物の2階から4階で営業していて、指定席は4階の一角にあり、一人1000円で一日利用する事ができます。せっかくですし、OPEN初日で人が多くなると嫌なので指定席を利用しました。

DASH心斎橋の指定席エリアはこんな感じで、さほど出入りに関して厳重ではなく扉も無いので、途中色んな人が中を見物にやってきていました。もちろん、不必要に長く滞在する事は出来ませんけどね。

指定席エリアの見取り図は以下のような感じです。図面左側が北の方角です。指定席エリアの入り口の前にカウンターがあり、そこで係の人に1000円渡しつつ好きな席番号を言いましょう。好きな席が空いているかどうかは、そのカウンターに座席表が置いてあるのですぐにわかります。下の図を参考に予めいくつか候補を考えておくとスムーズですね。

座席番号の1番から4番あたりの席は一番大きなレース中継用モニターを斜めから見る形になるので、ちょっと見づらいです。また、レース中継用のモニタは常に園田競馬の中継を流していて、近くで見たいと思うのが人情ですが、近くで見ると画質の粗さも目立つので、ほどほどの位置で良いと思います。一番後ろの座席からでも十分迫力を損なわない視野になっているので問題ありません。

設備有無
個人用テーブルあり
個人用モニターあり(19インチ)
ドリンクホルダーなし
コンセントなし
無料Wi-Fiなし
有料Wi-Fiなし
携帯電波アンテナ三本

指定席エリアは建物の一番奥まった所にあるので、携帯電話の電波が心配でしたがアンテナ表示は特に問題ありませんが、携帯の回線でネットにつなごうとすると、いつもよりモタつく印象がありましたね。

街のど真ん中にあるので、ネット回線の利用者が多くて混雑する時間帯には遅くなってしまうのかも知れません。出来れば指定席エリア内だけでも無料Wi-Fiがあれば喜ばれると思います。

各テーブルには専用のモニターが設置されていて、リモコンで操作する事によって園田本場と他場のレース中継を切り替える事ができます。

「d」ボタンを押し、4色のカラーボタンを押すとオッズ放映チャンネルになるのですが、本場と他場を順に流すのでオッズ放映はあまり実用的ではありません。

地方競馬ということもあって高齢者率が高く、リモコンで操作するだけなのに出来なくて係員を呼ぶ人が多数いました。

テーブルの上にリモコンは(混線するので)モニタのセンサーに密着させて使えと書いた紙が置いてあるにも関わらず、おっさん達は次々に係員を呼んでいました。

一つ気になったのは個人用のモニターはイヤホンで音声を聴くのですが、そのイヤホンが昔からある凸タイプのイヤホンで、突起部分を耳の穴に突っ込むわけですよ。

少なからず耳垢的な何かが付着するので、今日はオープン初日だから良いんですが、これ明日以降は神経質な人は…いや、そうじゃ無くてもちょっと使いたくないかもですね。

※毎回新品に変えているのかも知れませんが、未確認です。自分でマイイヤホンを持参すれば間違いないでしょうけどね。

馬券勝負

お目当てのレースの時間が来るまでキョロキョロウロウロとして時間を潰し、迎えた園田競馬3レース。 今日はこれを買いに来たと言える大山騎手騎乗のチャンドニの単勝5万円。単勝オッズが一気に下がって1.3倍に。5ヶ月ぶりの休み明け緒戦ですが、ここは大楽勝してくれると思います。

馬券購入完了。

3・4番手でレースを進めて向正面で加速すると、後続の追撃を一切寄せ付けず7馬身差の大圧勝劇!これで1万5000円の儲けになりました。私が馬券生活者になる以前、町工場で働いていた頃は一日汗水垂らして働いてドロドロになってもこの半分ほどの日当でしたからね、色々考えてしまいます。

儲けた分の1万5000円は所詮元々は他人の金、他人の金を使ってさらに金を増やしたいと思います。続いては名古屋競馬の3レース、800mの短距離戦ですが、1番人気は4番のペイシャンスオウで単勝オッズ1.2倍。しかし、絶対にスタートレイルの方が強いので4.2倍はかなり美味しいオッズです。

思った通りスタートレイルの岡部騎手が大外枠から叩きに叩いてハナを奪い、そのまま逃げきるレースでした。2着には1番人気ペイシャンスオウ。この2頭はいずれも角田厩舎の所属馬で、ペイシャンスオウは今まで岡部が乗っていたのに柿原に乗り替わり、スタートレイルは柿原がずっと乗っていたのに岡部に乗り替わり。競馬は馬だけではなく人間関係の観察も重要なんですよ。

この的中で払い戻しが4万2000円なので合計の利益が4万7000円になりました。後半は買いたいレースも無いし、さっさと撤退する事にしましょう。本物の勝負師は押す時と引く時のバランスに優れているものです。

あなたも競馬で勝ち組になりたいのであれば、私の書いた競馬教材「競馬教科書」を読んで、 脳内の競馬知識を私とピッタリ一致させれば話が早いですよね。競馬教科書を読みたい方は下のリンクにアクセスしてください。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項