競馬ハンデ戦データ【トップハンデ勝率 騎手 平均配当 血統】

最終更新日:

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

競馬にはハンデ戦と呼ばれる、各馬の能力差を補うために斤量(馬に課す負担重量)を増減させて調整するレースがあります。ハンデ戦で重い斤量を課せられた馬の成績を調べてみました。

関連:競馬ハンデ戦とは【決め方 見分け方 別定との違い】

トップハンデ馬の勝率

思い斤量を背負った馬の中でも、出走メンバー中もっとも重い斤量の馬を「トップハンデ」と呼びますが、このトップハンデの馬の成績は如何なものかデータを調べてみました。

2019年にJRAでは年間ハンデ戦の重賞が27レース組まれています。そしてトップハンデの馬が勝ったのは3つだけ。勝率にして約1割程度でした。

少ないような気もしないでは無いですが、仮にトップハンデの馬が半数以上勝ってたりしたら、ハンディキャッパーは何をやってるんだと言う話なので妥当なところでしょうか。

レース数は27ですが、同一レースにトップハンデ馬が複数いる場合もあり、トップハンデ馬の単勝を全て買っていたとしたら、単勝回収率は56%とかなり低い事がわかりました。

でもトップハンデと言っても55キロでトップハンデ4頭とかいうレースもあれば、1頭だけ突出して58キロとかのレースもあり、両者は違った性質を持っていると考えた方が良さそう。

実は斤量57.5キロ以上の馬の勝率は13%ほどあり、単勝回収率80%以上、複勝なら回収率100%を超えていました。

つまり、微差の能力差でトップハンデになっている馬は大した事が無く、圧倒的な能力差で重いハンデになっている馬は強いという事です。

斤量軽い馬は弱い

想像するイメージでは、斤量が軽ければ軽いほど有利なはずですが、それだけハンディキャッパーにこの馬は弱いと判断されていると言う事で、能力が低いわけですから、なかなか馬券の対象にはなれないようですね。

斤量が53キロ以下の馬は、殆ど馬券に絡めていません。

ハンデ戦に強い騎手

ハンデ戦に強い騎手はいるのか?と考えた時に、斤量は馬に課すものなので、騎手には関係ないと思っていたんですが、色々と調べてみると面白い事がわかりました。

以下は2019年のリーディング順位を、総合とハンデ戦限定に分けた表です。

順位総 合ハンデ
1ルメール北村友一
2川田ルメール
3デムーロ
4福永川田
5戸崎福永
6三浦戸崎
7松山松若
8デムーロ松山
9田辺田辺
10北村友一三浦

総合で順位の良い騎手の大半はハンデ戦に限定しても順位が良いのですが、ハンデ戦だと北村友一・デムーロ・松若の3名がグイッと順位を上げて来ました。

考えてみればハンデ戦の趣旨は、斤量を調整して各馬の能力差を無くしてしまおうという競走ですから、極論を言えば理屈上はどの馬に乗っても同じだと言えます。

そんなレースで上位を取るのは、騎手の腕が良いから…という可能性も考えられます。逆にハンデ戦だと総合より大きく順位を落としてしまう騎手は、普段馬質だけで勝ち星を稼いでいる可能性があるかも。

もちろん断言はできませんが、上記の表は頭に入れておくと何かの役に立つかも。

ハンデ戦の平均配当

ハンデ戦は荒れると思うかも知れませんが、実際には荒れると言うより、上位人気馬のオッズは高くなり、下位人気馬のオッズは低くなるため、高配当側ではなく中央値側に寄ると言った方が正確です。

まあ通常のレースよりは高配当が出てるんだからどちらでも同じ事かも知れませんが…。

図形を表示するには、canvasタグをサポートしたブラウザが必要です。

ハンデ戦に強い血統

強い馬の斤量を重くするという性質から、パワータイプの血統の馬がハンデ戦では有利と思うかも知れませんが、データを調べた限りでは違いましたね。

ハンデが重いと言っても普通は例えば前走57キロで走ってた馬が57.5キロに増やされたとか、そういうレベルですから極端に馬が負担を感じてしまう重さではありません。

競馬斤量の影響(負担重量とスピードの関係)でも書いたように、トップスピードのMAXに影響するのは重さより空気抵抗であり、斤量は「少しだけ加速しづらくなる」程度の効果しかありません。

2019年のリーディングサイアー順位を総合とハンデ戦限定で見てみても、殆ど順位の変動はありませんが、瞬発力を売りにしている種牡馬の産駒は特にマイナスの影響が少ないように見えます。

JRAで行われるハンデ戦の4分の3は芝レース(パワーより瞬発力が求められる)なので、どちらかと言うとパワータイプの種牡馬の産駒の方が若干順位を落としている印象です。

得意な部分にほんの少しのハンデを付けられるのと、苦手な部分にさらにハンデを付けられるのとでは、ハンデを克服して上位に食い込むには後者の方が大変だという事でしょう。

それに当たり前の事ですが、その馬が何産駒か?という事より、個体差の方が重要。

同じ種牡馬の産駒でも当たりハズレがありますからね。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

ダートカテゴリー

雨競馬

ご案内 注意事項