競馬は4コーナーを周ってからが勝負!と言うウソ

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

競馬はゴールするまで何が起きるかはわかりません。2010年4月20日大井競馬7Rで単勝1.6倍のダントツ1番人気ハーミアは、最後の直線手綱を持ったままで大差楽勝のレースでした。

鞍上の張田京騎手も、もう勝ちは揺るがないと手綱を緩めて流していたのですが、そこで後続から町田直希騎手の騎乗する2番人気ケルナーカーニバルが猛追して並びかけ、張田京騎手もそこで慌てて手綱を動かしましたが時既に遅し、クビ差で負けました。

実はこういう騎手の油断による負けというのは結構頻繁にあります。昔からよく「競馬は4コーナー周ってからが勝負だ」などと言われますが、実は違います。

もちろん先ほど書いたように最後の最後で逆転する事もありますから、最後まで何が起きるかはわかないですが、これはどちらかと言えば少数派なケースで、殆どのレースでは4コーナーを通過した時点で騎手の仕事の8割は終わっています。

馬群を捌く技術とか、馬を追う技術とか、もちろん出来ること、やれる事は色々ありますが、着順に大きく影響を及ぼすのは「直線で何をするか?」ではなく、「直線に向くまでにいかに良いポジションと最適なペースで馬を走らせるか?」だからです。

良いポジションを取り、最適なペースで走らせていたのに、最後の直線で全てを台無しにするような騎乗をするケースもありますが、ポジションが悪く、不適切なペースで走らせたにも関わらず、最後の直線の努力だけで勝ってしまった…と言う事はまず起きません。

まぁケタ違いに実力が違いすぎる場合はそれでも勝つケースもありますが、2012年の阪神大賞典のオルフェーヴルのように、実力があってもレースの途中でロスがあれば勝てなくなるケースの方が圧倒的に多いわけです。

競馬に絶対は無い!
…けど、馬券で毎月60万ぐらい稼ぐ方法ならあります。詳細はこちら
※人数限定のため急いでください!

私からのプレゼントです!

累計8300名以上が読んだ無料レポート差し上げます!

などなど、上記はほんの一部ですが、興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。30秒以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない場合は迷惑メールフォルダも確認してみてください)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除が可能です。内容が濃すぎて解除したくはならないとは思いますが、去る者追わずで気持ちよく簡単に解除できるので、気軽に申し込んでください。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項