競馬に心理学で勝つ方法

最終更新日:2019/03/17

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

心理学と言えるかどうかはわからないが、私自身競馬ファンの1人なので競馬ファンの気持ちはよくわかる。そして、私がかつて考え、感じ、行動したように大勢の競馬ファンは今同じ考えをし、感じ、行動している。その行動の真逆の位置に金を張れば競馬は簡単に勝てる。

マイケル・J・モーブッサン教授の著書によると、人間と言うのは自分自身の事を他人よりも優れた人物であると思ってしまう生き物らしい。

こんな実験がある。ランダムに選ばれた宝くじを配った集団と、自分で番号を選んだ宝くじを配った集団とで、当籤する確率が高いと思うかどうかを被験者に尋ねたところ、断然自分で番号を選んだ方が当籤する確率が高いと自信を持っていたそうだ。

確かに現在の日本でも旧来の宝くじも人気ではあるが、ナンバーズ、ロト6やロト7のような数字選択式宝くじは人気が高い。

それに、競馬は他人に買い目を決められる事はなく、自分自身で情報を収集し、状況を判断し、自分でマークカードを塗り、自分で選んだ馬券を購入する。(一部クイックピックやWIN5のランダムもあるが)

つまり、競馬ファンの多くはもうレースが始まる前から自信満々に当たると思い込んでいる。そして、他人は自分よりも劣った買い目を買っていると思い込んでしまうのが、ごく一般的な競馬ファンだと言える。

2000年一度も負けなかったテイエムオペラオーが2001年早々4着に敗れた時、競馬場の全員が呆気にとられていた。2012年の阪神大賞典でオルフェーヴルが競馬の歴史上最も驚愕のパフォーマンスを見せた後、本番の天皇賞(春)で11着に負けた時もレース後の雰囲気は「そんな馬鹿な」と静まり返っていた。ピクリとも動かない人もいた。

当たる当たると思い込んで金をつぎ込み、他人に対して「この馬を買わないなんてわかってないな」と実に多くの人が思っていたのだろう。そして、それは別に珍しいことでもなければ悪い事でも無いと私は思う。

人間なのだから、そういうものだ。

私だって若い頃はそう思っていたし、そう思っていなければ自信を持って馬券を買えない。さて、今回の記事でもっとも言いたいことは、多くの人は自分で買い目を決めたと思っているが、実はその殆どは自分で買い目を決めたと思わされていると言う事。

どういう事かと言うと、多くの人は馬券検討に使用するのは競馬新聞であり、かつては「関西競馬のオッズはブックが作る」と言われていたほどその影響力は強い。

しかし、ではその影響力は弱まったかと言うと、実は全くそんな事はなく、今でも競馬新聞の印の影響というのは根強い。

あなたや私がその影響から身を遠ざける事はできても、「大勢の人」がその影響から脱却する事は恐らく不可能で、毎度毎度競馬新聞の書いた印の通りに馬券は売れて行く。

パドックの解説者も決して有力な1番人気の馬を悪く言ったりしない、微妙なニュアンスで聞き分ければわかるので、あなたや私がその影響力から身を遠ざける事はできても、「大勢の人」がその影響から脱却する事は恐らく不可能だ。

こうして、何度も何度も繰り返され、勝つはずの無い馬に大量の金が放り込まれ続ける。だから私は競馬新聞の記者が間違う度に、パドック解説者が間違う度に、馬券で大きく勝つことが出来る。あなたもそうすれば良いだけの話なのだ。

人間と言うのは本当に面白い。今朝もメルマガの読者から1通のメールを頂いた。どうも私の書いたメルマガが気に食わなかったようで、「お前の能力は見切ったぜ」的なメールの内容だった。さらば!と言わんばかりに一方的にメールマガジンを解除してしまったようだ。

まぁ、そのたった1通のメールマガジンで私の能力を見切ったような気持ちになるのは勝手だが、本人は気づかないが、人生好転のチャンスを逃して実に勿体無い話だ。私はメルマガなどでも、競馬教科書を早く申し込んで欲しいと言う事はよくある。(注:競馬教科書は私が書いた競馬で勝つための教材)

それは、メルマガを読んでいる人が競馬で良い成績を出すのに必要なものであり、競馬教科書を読んだ人はほぼ100%満足して、人生を実際に変えてしまっているからだ。悪い物なら誰にも薦めたりはしない。

誰だって美味しい料理が出来上がったら、「冷めない内に食え食え」と言いたくなるだろう。それに無料で誰でも読める場所に書ける内容は、どうしたって限られた事しか書けないのだ。ただ、それが伝わらない人もいる。

多くの競馬ファンが彼のように「一部」だけを見て全部を知ったようなつもりになってしまうのは先程も言ったように「俺は一を知れば十を知っちゃうもんね」と自信過剰になっている証拠だろう。

でも、そういう人がいなくなってしまうと、あなたや私が競馬で勝つ事ができなくなってしまう。感謝しなければならない。そんな「大勢の人」から馬券を経由して沢山お金を頂くために、あなたには私から競馬のすべてについて学んで欲しいと思う。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├オープン特別データ
  └ダートグレード

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項