競馬 単勝 一点買い 二点買い 効率の良い買い方は

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

ここでは競馬で単勝馬券を買う際に、一点買いが良いのか二点買いが良いのか、またはもっと沢山の点数を買った方が良いのか、効率の良い買い方は一体何点買いなのか?と言うところを探っていきたいと思います。

例えば、2014年の大井競馬での単勝1番人気の回収率は70.8%で、単勝2番人気の回収率は83.3%だったのですが、この場合、仮に1番人気か2番人気どちらかの1点買いを継続した場合、回収率は当然70.8%か83.3%になります。

単勝人気年間回収率
1番人気70.8%
2番人気83.3%

では、この1番人気と2番人気の両方の単勝を2点買いで買い続けたとすると、馬券の回収率は何%になるかと言うと、77%になります。当たり前の話ですが、ちょうど単勝1番人気の1点買いをするよりも回収率は高くなり、単勝2番人気の1点買いをするよりも回収率は低くなります。

また、これも当たり前の事ですが、回収率が100%未満の馬券を1点買いしようが2点買いしようが、やはり回収率は100%未満でしかありません。

上記の1番人気と2番人気の話で考えると、2番人気の単勝を1点買いで買い続けた方が馬券収支は優秀なわけで、単勝1番人気に買い目を変更したり、単勝1番人気と2番人気を抱き合わせて二点買いするメリットは一切ありません。

もちろん、的中率は単勝1番人気が31.9%で2番人気が19.2%ですから、二点買いすれば的中率は51.1%となって大幅に増えますが、競馬で儲ける事を念頭に置いた場合には回収率の低い買い目は切り捨てた方が賢明です。

競馬でなかなか勝てない人に「とにかく当てよう」という考え方が多いのですが、的中率を追い求めれば簡単に的中率は上がるものの、上記で説明したような馬券回収率の足を引っ張ってしまう買い目を含んでしまうリスクが増大します。

ただ、「よしわかった、とにかく一点買いが良いんだな」という誤解をしないように気を付けてください。買い目の点数が多ければ多いほど馬券の回収率は上方にも下方にも大きくブレなくなり、買い目の点数が少なければ少ないほど馬券の回収率は上方にも下方にも大きくブレやすくなります。(大数の法則ですね)

馬券で儲けようと思ったら、大きく上方にブレるような馬券をチョイスし続ける必要があるわけですが、買い目が少なければ賭ける馬をミスっていると競馬ファンの平均回収率よりも大幅に下方にブレた回収率になってしまう恐れがあります。

なので、馬券で儲けるためには必ずしも一点買いでなくても良いけれど、高回収率が期待できる買い目を見つけられるかどうか?が大変重要なポイントです。

では、一体どうやって高い回収率が期待できる買い目をチョイスし続ける事が出来るのかと言うと、うまめし.com 競馬必勝法で公開している競馬教科書に私のやり方を書いているので興味があれば読んでみてください。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項