競馬はワイドボックスが一番効率が良いのでは無いだろうか?

最終更新日:

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

いろいろと考えてみたんですが、ふと競馬ってワイドボックスが一番効率が良いんじゃないだろうか?と思ったので、ここで書き出して考えを整理してみたいと思います。

競馬をしていると、様々な馬券の外れ方をします。スタート直後に落馬してしまったり、4コーナーはすごく良い手応えで上がって来たのに直線でピタッと止まったり、逃げて粘ってあとちょっとのところでズルズル後退したり…

どんなハズレ方でも悔しいのですが、中でも馬券の種類別に悔しい外れ方をリストアップしてみます。

悔しい外れ方リスト

  • 単勝で買った馬がベストの競馬をしたが、変なのが僅差先着
  • 単勝で脚はあったのに馬群に包まれて何も出来ず終了
  • 複勝で候補が複数頭いて1頭に絞ったら切った方の馬が来た
  • 馬連や馬単で軸馬とヒモ馬の間に変なのが割って入ってハズレ
  • 3連複や3連単で買った馬ほぼ上位なのに、変なのが1頭だけ来た

このように、実にどれも悔しいハズレ方で、書きながら「あの時のハズレ、あ、そうそうあの時もそうだった…あー腹立つ…」と怒りが蘇ってきます。

ワイドボックスの柔軟性

そして、もう言わなくてもお気付きだと思いますが、ワイドのボックスで馬券を買った場合、上記のこれら全ての問題が綺麗に解消される可能性が見えてくるわけですね。

ワイド4頭ボックス

仮に上位に来そうな馬を4頭ピックアップしたとしますよね?その4頭のボックスを買ったとしたら、まず1頭が馬群に包まれて動けなくなった!でも大丈夫。あと3頭いますから。

ワイドボックス解説1

そして最後の直線で大外から13番人気みたいな「どうやっても買えないような馬」がまさかの脚でスッ飛んで来ました!もう馬券圏内は確実の切れ味です!でも大丈夫、馬券圏内はあと2頭分席がありますから。

ワイドボックス解説2

選んだ4頭の内、1頭が明らかに自分の見込み違いで、すごく弱かった!!!でも大丈夫、あと2頭いますから。

ワイドボックス解説3

そして、結局変な馬が1着で、自分の選んだ馬は2着3着…でも大丈夫。当たりですから。どうでしょう、他の馬券ではここまで想定外が1つのレース内で連発したら絶対に当たりませんが、ワイドなら大丈夫です。

単勝の多点買いも、まずまず想定外に対応できますが、どうしても1着の席を譲れない馬券ですから、やはり柔軟性でもワイドボックスが上回っていると思います。

ワイドボックスは配当が安いのがネック

もちろん、唯一にして最大の問題はワイドはどうしても配当が連勝式馬券の中では安いので、当たったは良いもののトリガミ(的中したがマイナス収支になる事)にならないようにするのが大変って事。

ワイドボックスは3点同時的中もあり得るので、その時にはある程度利ざやが稼げるとは思いますが、4頭ボックスで6点買いだと1点的中なら最低600円以上の配当が必要ですし、全スカを食らった時には少々損害の回復が難しいですよね。

当てるのには向いている、だが儲けるには何か工夫が必要。さて、どう工夫しましょうか?

JRAのオフィシャルWebサイトのレース結果一覧を眺めてみても、やはり1番人気から7番人気ぐらいまでの「常識的に買える範囲の馬」で組み合わせていたのでは、頻繁に3点獲りを実現させないと儲けにはならない。

中央競馬は多頭数のレースが多いので、10番人気とか12番人気とか、そういう馬が割って入る事もあって、さすがに常識的な馬を買いながらそこまでは手が伸びないが儲けたいなら買い目に入れる必要があり、それが買えるぐらいなら苦労は無いというか、買ったら来ないから困るって話。普通の人はね。

そこで私はピーン!と閃いた。ワイドのボックスではなく、何か他の馬券とワイドを組み合わせて同時に買うってのはどうだろう?ワイドがJRAで導入された当初、馬連1点勝負の際の保険馬券として「他の馬の馬連ではなく、同じ馬のワイドを保険馬券として買う」という手法を見た事がある。それを応用してみてはどうだろうか?

パッと思い浮かんだ組み合わせで言うと、

この中でも単複との相性が良さそうな気がします。このテーマに関してはもう少し掘り下げて考えてみたいですね。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項