前走からの上積みを読む競馬必勝法

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

よく競馬のテレビ中継などで解説者が口にしたり、競馬新聞のコメント欄などに「前走からの叩いた上積みが見込める」なんて言う表現がありますが、上積みとは何でしょうか?

上積みとは要するに前走の状態よりもさらに質が向上した事を表現しているわけですね、「叩く」と言うのはイコール「レースで使う」と考えておけばOKです。 つまりレースを使った事で状態面が上向いて来ている場合に「前走からの叩いた上積みが見込める」と言うわけです。

私が独自の競馬必勝法を編み出していくなかでも、
この上積みと言う考え方は結構重視した要素の1つです。

ヒトコトで上積みと言っても、上積みには2つの種類があります。1つはサラブレッド自身の成長による上積みで、もう1つは心身の状態の浮き沈みによる上積みです。

心身の状態の浮き沈みによる上積みとはどういう事かと言うと、馬は元々は狭い窮屈な所は嫌いなので、ずっと厩舎の馬房で過ごしているとストレスも溜まりますし、 レースも回数をこなす事によって疲労が蓄積されます。そうすると、その馬が本来持っている能力を十分に発揮出来なくなるわけですね。

そして、リフレッシュ放牧などで心身の疲れを癒す事により、また本来の能力を発揮できる状態になるのですが、人間と同じで馬も休んでいる間は筋肉が緩みます。 なので休み明けは惨敗するケースが目立つのですが、それを「叩く」事によって少しずつアスリートとしての体を取り戻してきますよ。

仮に前走の成績がパッとしなくても、「叩いた」事によって「前走の状態よりも、本来の能力を発揮出来る状態に近づいた」事が「上積み」と呼ばれるわけです。

余談ですが、今は廃止された福山競馬場ではJRAから移籍して来た馬が移籍したばかりの頃は強いのに、段々と弱くなる逆上積みみたいな状態が目立ちました。

これはどういう事かと言うと、すでにその頃は福山競馬の廃止はカウントダウン状態だったので、そこに調教師の高齢化が進みやる気も失せ、 「調教師」とは名ばかりで、ただ馬房に馬を預っているだけの劣悪な状態だったと言う事です。 (もちろん全ての調教師がそうだった訳ではありませんし、馬がピークを過ぎていると言うのも原因の1つではあります)

要するに「放ったらかし」なので、どんどん馬が弱くなると言う現象が起きたわけです。

さて、この状態面の浮き沈みによる上積みと言うのは、少なくともその馬が過去に見せたMAXのパフォーマンスを基準にしてみると大体上限や上積み自体が可能性として考えられるかどうかが見えてきますが、 成長による上積みはそういう訳にはいきません。

なぜなら成長と言うのは「どこがMAXなのか?」が誰にもわからないからです。

例えば前走惜しい着順で次こそは勝ちきれるだろうと思っていても、実は前走がピークでした…と言うケースも考えられるわけですね。

また上積みと言うのは数値化出来ないので、タイムや着順のように過去との比較が困難で、初心者にはわかりづらいわけです。 なので調教のタイムだとか、パドックの気配だとか、そういうところで馬の上積みを感じ取れるスキルって結構重要なんですよ。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項