分割コロガシは競馬で勝つ方法だと言えるか考察

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

私は過去に色んな馬券術を経験したり、研究したりしてきたのですが、その中の1つに分割コロガシと言うやり方があります。まず、普通のコロガシは以下の図を見れば分かるように、一回の不的中で資金を失ってしまいます。

コロガシのモデル図

分割コロガシと言うのは、資金を例えば10分割して、まず最初の10分の1でコロガシを実行して、仮にコロガシが失敗したとすると、次の10分の1で再びコロガシをスタートさせて…と10分の1ずつコロガシにチャレンジする方法です。

例えば1000円からスタートして、2.5倍の馬券が3回転がれば15550円になります。と言う事は総資金は1000円の10倍つまり1万円あったので、10分割分全て使い終わるまでに2.5倍の3回コロガシが1度でも成功すれば資金は増えて行くと言う計算になります。

分割コロガシのモデル図.png

一見、これではチビチビとしか増えないように見えますが、例えば10分割なら9回まで失敗が許されるので、その分(コロガシにしては)高配当な馬券も積極的に狙っていく事ができるわけですね。

話だけを聞いていれば、なんだか出来そうな気持ちになってしまうのがコロガシの不思議な所ですが、(だからこそWIN5のような途方もなく当たらない馬券でも売れてるんでしょうか?)これは実際に理詰めで考えていくと色んな事が見えてきます。

まず、10000円の資金に対して、成功時の増加する資金が5550円ですから、これは言い換えれば1万円で1.5倍から1.6倍の馬券1点勝負で的中したのと同じ事と言えます。

普段の馬券の回収率が80%の人の場合、1.5倍から1.6倍の馬券を1点で的中させられる確率は計算上50%から53.3%程度となります。

では、同程度の馬券の腕前の持ち主が2.5倍の3回コロガシを実行した場合、成功率・失敗率はどのようになるのでしょうか?

まず、最初の1回目のチャレンジが成功する確率ですが、これは計算上0.32の3乗で0.033となり、つまり1回目のチャレンジでミッションクリアとなるのは30回に1回程度と言う事になります。

で、この分割コロガシのチャレンジが10回連続で失敗するとゲームオーバーになるわけですが、0.033の成功率、言い換えれば失敗率96.7%のチャレンジが10回連続で失敗する確率は0.967の3乗で0.715になり、要するに70%の確率で全ての資金を失う事になります。(成功率は30%ですね)

先程も言ったように1.5倍から1.6倍程度の馬券の1点買い一発勝負は成功率50%でしたが、分割コロガシにすると同じ程度の投資効果を生む方法が成功率30%に下がってしまいます。

安全にしようとして分割してみたけれど、逆にリスクが高くなっているようです。

まぁこのように競馬は賭け金の賭け方をちょっと工夫した程度で勝てるほど甘いものではありません。そもそも馬券が下手な人がどれだけ賭け金をいじくってみても、やっぱり馬券が下手な事に変わりはなく、裏を返せば賭け方になんの工夫も無い人でも、馬券が上手であれば勝てるのですから、まずはそこを鍛えていきましょうよって話です。

では、そんな知識はどこで学べるのか?と言うと、私のうまめし.com 競馬必勝法で全て公開しています。

私からのプレゼントです!

累計8300名以上が読んだ無料レポート差し上げます!

などなど、上記はほんの一部ですが、興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。30秒以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない場合は迷惑メールフォルダも確認してみてください)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除が可能です。内容が濃すぎて解除したくはならないとは思いますが、去る者追わずで気持ちよく簡単に解除できるので、気軽に申し込んでください。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項