ダート競馬 長距離攻略 先行馬が差されない理由

最終更新日:

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

ダート競馬には長距離レースがあまり多くありません。芝の競馬でも長距離レースが衰退気味である事を考えれば、当然と言えば当然です。

ステイヤー資質の馬が出走出来るレースが減ってきているわけですが、それでも完全にゼロになるわけではなく、競馬ファンは長距離レースの予想をする機会はしばしばあります。

しかし、レース数が減っているので馬券師側に経験やデータが蓄積されないために、どう予想して良いものか迷ってしまう人もいると思います。

そこで、今日はダートの長距離レースの攻略法・予想法を考察してみたいと思います。

まず、日本のダートコースは芝コースの内側に設置されているか、比較的小回りの地方競馬場のいずれかである場合がほとんどなので、長距離レースになると必然的にコーナーの通過回数が増えます。

それが何を意味しているかと言うと、外のポジションでレースを進めた馬と、内側のポジションでレースを進めた馬とでは走る距離に大きく差が出来ると言う事です。1レースで内の馬と外の馬で10mほど走る距離が違っている場合も珍しい事ではありません。

長距離レースのイメージでは、長い距離に耐えられず先行馬がバテてしまうシーンを想像してしまいがちですが、実際には先行馬も差し・追い込み馬も同じぐらいスタミナを消耗してしまっているし、そもそも一気の差脚が使えないからこそ長距離路線に活路を見出そうとしている場合もあります。

また、先行馬各馬も長距離になるとレース序盤で飛ばしてしまえば、確実にスタミナ切れになる事はわかっていますから、騎手同士が競り合う事なくペースを落ち着かせる場合が多くなります。

つまり、ポン!とゲートを出て各馬のポジションが決まり、内と外で距離の損が発生しながらぐるっと1周半して、最後はどの馬も一杯で雪崩れ込む…これが日本のダート長距離競馬の「型」です。

もちろん例外的な展開になるレースもたくさんありますが、それが基本形である事は覚えておいて損は無いと思います。

競馬で儲ける詳しい方法はうまめし.com 競馬必勝法で公開しています、是非参考にしてみてください。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項