木村健騎手 単勝回収率 統計データ 勝率 園田競馬

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

園田競馬のリーディングジョッキー木村健騎手を、単勝で均等買いし続けたら的中率や回収率はどうなるのか?過去1000レースの統計データを参考にして調べてみました。

まず、1000レース中243勝で勝率は24.3%とかなり優秀で、このデータは園田競馬場以外の競馬場も含んでの数字です。ちなみに木村騎手を均等買いし続けた場合の単勝回収率は79.5%とほぼ理論値に近い数値になりました。

単勝1番人気馬での騎乗が325回あり、その内1着は154回で勝率47.4%でおよそ半分はキッチリ勝っていると言う事になりますね。しかし、単勝回収率は76.8%とやはりキッチリ勝つ分、馬券に投じられる金額も多く配当は安めの傾向が見てとれます。

単勝2番人気から4番人気での騎乗が合計で498回あり、その内1着は79回で勝率15.9%で、やはり1番人気馬での騎乗と比べるとそれなりの数字になります。そして単勝回収率はと言うと72.2%と1番人気馬に乗っている時よりも悪くなっています。

園田競馬ファンの「木村ならなんとかしてくれる!」という思いとは裏腹に、木村が乗っても1番人気になれないような馬はやはり何か勝ちきれない要素が見え隠れしているのかも知れません。

しかし、1000回騎乗の内およそ8割のレースで1番人気から4番人気に選ばれているわけで、しかも回収率が60%だの50%だのという低水準に落ち込まないと言う事は、ファンの期待に応えている証拠とも言えますが、常にプレッシャーもあるんでしょうね。

木村騎手が5番人気以下の馬に乗ったのは過去1000レース中165回で、1着は10回で勝率6%にまで低下してしまいます。これで馬券の回収率が上がれば良いのですが、なんと112.4%と大きく収支が改善したではありませんか!

ただ、これは1回単勝で6000円弱の配当が大きく数値を跳ね上げてしまっていて、それを除外するとごくごく平凡な旨味の無い回収率に落ち着いてしまいます。しかも、その1回と言うのは名古屋競馬場で行われたダートグレードレースでのもので、人気が集中するJRA勢を蹴散らしてのもの。

やはり、それぐらいの「回収率を高める理由」が何か無いと、リーディング上位で常に注目を集めるジョッキーですから、簡単には儲けにはつながらないですよね。

競馬必勝法が存在する証拠・競馬で絶対勝つ方法

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする