釜山ステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

釜山ステークスは小倉競馬場のダート1000mコースで行われる3勝クラスの特別競走です。釜山ステークス過去10年間の配当・人気・枠順・脚質・馬齢・前走・ローテーション・血統・騎手などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

コース特徴

人気・配当傾向

1番人気

単勝1番人気は3.2.2.3なんだけど、実はダートの1000mで行われるのは2020年が初。なのであまり参考にならないかも知れない。

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
3 7 9 ナンヨーイザヨイ 牡3 53 秋山真一 1:45.0 3/4 2-2-2-2 38.8 2.4 1
2 7 7 テルペリオン 牡4 56 藤岡佑介 1:44.3 2 3-4-3-2 36.2 2.2 1
7 5 10 メイプルブラザー 牡3 53 森裕太朗 1:43.9 1.1/4 11-9-11-11 37.9 3.6 1
3 8 16 タムロミラクル 牡4 56 幸英明 1:45.0 1.1/4 8-10-11-11 38.1 2.6 1
8 8 10 グレナディアーズ 牡4 56 北村友一 1:43.5 3/4 8-10-9-9 37.1 3.9 1
4 7 13 ベルサリエーレ 牡4 55 松山弘平 1:45.4 2 2-2-2-2 37.9 2.0 1
2 3 5 タイセイシュバリエ 牡4 58 武豊 1:43.7 3/4 4-4-3-2 37.7 1.8 1
1 8 9 ダコール 牡4 57.5 佐藤哲三 1:59.6 8-8-8-7 34.1 2.5 1
1 7 7 エクスペディション 牡4 57 浜中俊 1:58.3 5-5-2-2 33.4 1.2 1
1 1 1 ナリタクリスタル 牡4 57.5 幸英明 1:45.9 7-7-8-6 35.6 2.1 1

1番人気はこんな感じです。

波乱度

うまめし偏差値:未計測

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は未計測です。

過去配当一覧

レース条件がガラリと変わってしまったので、配当も参考にしづらいけど…。

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2019 880 170
130
110
1,440 1,310 380
350
180
3,360 860 7,670
2018 410 130
110
150
400 450 210
370
280
1,030 630 2,400
2017 700 270
920
2,760
1,600 12,930 3,450
8,210
29,130
19,240 229,840 891,510
2016 760 210
220
120
2,990 2,960 960
460
470
5,640 2,920 19,100
2015 2,400 710
480
250
8,400 14,110 3,250
2,160
1,300
28,180 24,600 221,720
2014 390 150
310
280
1,390 2,310 630
540
1,500
3,440 4,710 24,060
2013 530 140
110
290
440 520 240
770
550
1,310 1,780 8,770
2012 250 130
250
350
1,120 1,280 460
580
930
1,930 3,670 14,500
2011 120 100
220
160
620 290
200
660
760 940 2,970
2010 210 130
630
460
600 3,490 1,150
880
3,780
4,550 13,520 62,900

配当の一覧はこんな感じです。

枠順・脚質傾向

枠順の傾向はほんの少しだけ外枠有利になりそう。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

脚質の傾向を見てみると、圧倒的に逃げ・先行タイプ有利。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢
2020年は外枠が有利になった感じですね。4枠から1番人気がマイペースな感じで逃げていたんですが、馬体重-18kgが影響したのか粘れず。大体先行馬が上位なんだけど、追込みに近い馬が2着に来たのは珍しい。

予想のヒント

2019年のテレQ杯が同じ条件で行われてるので参考にしてみよう。

前走・ローテーション

2019年は上位3頭いずれも前走で2勝クラス勝ちの馬でした。勢い重要かな。

馬齢・斤量ハンデ

3歳〜5歳馬が馬券の中心になりそう。高齢馬には厳しいかも。

騎手

PCの場合はサイドバー、スマホの場合は下の方にある好調騎手リストを参考にしてね!

2020年は好調騎手リストに名前のある騎手が大勢騎乗していたのに、誰も馬券に絡めず。

血統・種牡馬

小倉ダート1000m特徴の血統欄を参考にしてね!

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む