五稜郭ステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

五稜郭ステークスは函館競馬場の芝2000mで行われる3勝クラスの特別競走です。五稜郭ステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は4.2.1.2で、信頼度はまずまず普通レベルです。

うまめし偏差値:50 Bタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は50 Bタイプなので、三連単配当は平均的な決着が少なく、平穏な決着の年と、ある程度高配当になる年のどちらか両極端になる傾向があります。

開催年 単勝 馬連 3連単 条件
2018 180 420 1980 定量
2017 410 480 4810 定量
2016 180 1240 8060 定量
2015 3260 45590 460560 定量
2014 1430 9210 68650 定量/1800m
2013 220 1210 56930 ハンデ
2012 310 800 74280 ハンデ
2011 1210 1360 17240 ハンデ/OP/1800m
2010 620 1630 98110 ハンデ
2008 1880 7510 91250 定量

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、内枠が優勢ですね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

函館競馬場の芝2000mコースについては、函館芝2000m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、逃げ・先行タイプが優勢ですね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

予想のヒント

3歳以上 3勝クラス(1600万円以下) (混合)(特指) 定量

降級制度が廃止される前から、さほど降級馬が強いとは言い難いレースで、どちらかと言えば昇級初戦の馬の方がマシでした。ただ基本的には現級馬から狙うのがベターかと。

大敗からの巻き返しも多く、あまり近走の着順の数値は鵜呑みにはできない。

フレッシュな4歳5歳に注目が集まり、それなりに結果も出すが、注目を浴びにくい6歳馬の中に穴をあける馬が潜んでいる事が多いレース。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする