豊明ステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

豊明ステークスは中京競馬場の芝1400mで行われる3勝クラスの特別競走です。豊明ステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は1.1.2.2で、信頼度はやや低いです。

うまめし偏差値:50 Bタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は50 Bタイプなので、三連単配当は平均的な決着が少なく、平穏な決着の年と、ある程度高配当になる年のどちらか両極端になる傾向があります。

開催年 単勝 馬連 3連単 条件
2018 620 1750 23400 定量
2017 860 12410 87920 定量
2016 990 1890 9910 定量/1600m
2015 1020 10590 146260 ハンデ
2014 440 20920 215770 ハンデ
2013 360 1920 19520 ハンデ

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、外枠が優勢ですね。ただデータが6回分と少なめなので、今後傾向が変わってくる可能性はあると思います。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

中京競馬場の芝1400mコースについては、中京芝1400m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、逃げ・先行タイプが優勢ではあるのですが、馬券に絡んだ頭数で言うと差し・追い込みタイプもかなり多く、全ての脚質に注意が必要です。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

予想のヒント

3歳以上 3勝クラス(1600万円以下) (混合)(特指) 定量

以前は降級馬が強く、次いで昇級初戦の馬が強かったのですが、JRAでは降級制度が廃止されたので、現級馬の活躍が増えるかも知れません。

前走と比べて距離延長してきた馬は殆ど馬券に絡んでおらず、馬券圏内に来た馬の多くは前走から距離短縮で臨んだ馬ばかり。1400m以上を走れるスタミナが必要なようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする