水無月ステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

水無月ステークスは阪神競馬場の芝1200mで行われる3勝クラスの特別競走です。水無月ステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は4.0.0.3で、信頼度は結構良い方です。

うまめし偏差値:50 Bタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は50 Bタイプなので、三連単配当は平均的な決着が少なく、平穏な決着の年と、ある程度高配当になる年のどちらか両極端になる傾向があります。

ただし、2017年以降はハンデ戦になり、低配当は出づらくなったかも知れません。

開催年 単勝 馬連 3連単 条件
2018 1080 3100 56120 ハンデ
2017 210 810 16600 ハンデ
2016 1390 23020 346020 定量
2015 130 510 2110 定量
2014 620 980 186170 定量
2013 270 3810 39600 定量
2012 170 450 3430 定量

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、やや外枠が優勢ですね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

2018年は6枠→2枠→7枠の順で決着しました。

阪神競馬場の芝1200mコースについては、阪神芝1200m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、逃げ・差しタイプが優勢ですね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 劣勢 優勢 劣勢

2018年は逃げ馬→3番手→2番手の順で決着しました。過去の定量戦時代には逃げ・差しが優勢なデータなのですが、ハンデ戦に変わって以降は前々での決着が続いているので、今後の経過も注意深く見て行きたいですね。

予想のヒント

2018年までは降級制度があったため、このレースも降級馬の勝率が高く、一方で昇級初戦の馬は殆ど活躍できませんでした。

2019年からは降級制度がなくなったので、昇級してきた馬も若干は馬券圏内に入ってくるのかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする