羅生門ステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

羅生門ステークスは京都競馬場のダート1400mで行われる1600万条件の特別競走です。羅生門ステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は3.0.3.4で、信頼度はまずまず最低限と言ったところですが、2着が少ないのは気になります。

うまめし偏差値:45

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は45なので、どちらかと言えば三連単配当が安めの配当で決着する事が多いレースだと言えます。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 860 2700 27420
2017 630 1250 19490
2016 190 430 3390
2015 380 790 6930
2014 590 7610 390030
2013 1580 4250 36730
2012 250 770 3480
2011 530 1370 8170
2010 180 870 6040
2009 420 5260 143690

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、連対馬の7割が外枠側に偏っているので、どちらかと言えば外枠が優勢な印象です。内枠馬は3着止まりが多いですね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

京都競馬場のダート1400mコースについては、京都ダート1400m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、逃げ・先行タイプが圧倒的に優勢なデータになっています。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

予想のヒント

1月には1600万(3勝クラス)でのダート1400m番組は確かこの羅生門ステークス1択で、という事はダート1400mのスペシャリストは羅生門ステークスに出てきます。

なので前走が1200mなどの短距離から、今回羅生門ステークスで距離延長になっている馬は、過去10年間に延べ50頭ほどいながら勝った馬はいません。

1400m戦は1200mと比べて200mしか違いませんが、結構必要なスタミナが増加してしまうので、距離短縮馬は好走例が多いのに、距離延長馬には好走例が少ないです。

前走が1000万(2勝クラス)で勝ち上がり、今回が昇級初戦になった馬の過去データを見てみると、1番人気・2番人気になればかなり好走しますが、人気になってなければまず走らないと見て良さそうなデータになっています。

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする