三河ステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

三河ステークスは中京競馬場のダート1400mで行われる1600万下条件の特別競走です。三河ステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は1.0.1.2で、負けるときはかなり大敗が多く軸馬としての信頼度は低めでしょうね。

波乱度は未計測です。

開催年 単勝 馬連 3連単
2017 620 7750 109940
2016 260 1130 69300
2015 700 8010 508150
2013 330 2120 14110

※2014年は開催なし

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、今のところは若干内枠の方が馬券にからむ率は高いデータになっていますね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 6/26 6/32

中京競馬場のダート1400mコースについては、中京ダート1400m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、差し・追い込みタイプも馬券には頻繁にからんで来てはいるものの、分母の違いを考えると逃げ・先行タイプが有利な傾向にあるようですね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 3/4 3/16 2/16 4/22

予想のヒント

過去4回分の上位馬を見てみると、ハンデ戦ではあるものの、斤量が重い馬の活躍が目立ちますね。「ハンデが軽い=弱い」とも言えるわけで、ハンデが重くてもさらにそれでも能力を発揮できるパワーのある馬が良いようです。

その証拠に過去の上位馬は馬体重が500キロを超える大柄な馬が多いですね。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む