ゴールドウィング賞 過去データ 傾向 予想のヒント

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

ゴールドウィング賞は名古屋競馬場のダート1600mで行われる重賞競走です。ゴールドウィング賞の過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は4.2.0.4で、信頼度は高いとは言いがたい程度です。

うまめし偏差値:50 Bタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は50 Bタイプなので、安い配当と高配当どちらか両極端な結果になる事が多いレースだと言えますね。1番人気が若干馬券圏外に飛びやすいので、その時に一気に3連単配当が跳ね上がるんでしょうね。

開催年 単勝 馬連 3連単
2017 210 460 1350
2016 230 400 2350
2015 140 1450 6080
2014 2470 3940 210350
2013 140 170 550
2012 490 4280 36320
2011 510 890 24380
2010 1250 15830 279410
2009 550 2520 229560
2008 1110 1990 18050

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、内枠と外枠の極端な枠が成績悪いですね。名古屋の1600mコースは内枠が有利だと思われているので、その先入観が裏目に出そうです。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢 劣勢

名古屋競馬場のダート1600mコースについては、名古屋ダート1600m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、完全に逃げ・先行タイプが優勢なデータになっています。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

予想のヒント

2歳馬限定のレースとあって、能力比較が上手く当たれば馬券も当たるようになってますね。ただまだキャリアが浅い馬ばかりなので見極めは難しいです。

過去10年間の歴代勝ち馬を見てみると、ほとんどが「前走1着か2着」で、なおかつ「前走1番人気か2番人気」という名古屋エリートが勝ちやすいレースのようです。

つまり評判も良く、その通り走った馬が強いと。前走人気なかったのに勝った…みたいな馬は、一応「展開が向いただけのまぐれ勝ち」みたいな事も疑ってみる必要があるかも。

まだこの時期は成長する時期ですし、デビューから間もないと1戦ごとに良化する事も珍しくありませんから、単純に過去の着順や時計だけで判断していると思わぬ抜けを食らう事になりそうです。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む