白銀争覇 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

白銀争覇は笠松競馬場の1400mで行われる重賞競走です。白銀争覇の過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は2.2.1.5で、信頼度は笠松競馬としてはかなり悪い方です。

うまめし偏差値:50 Bタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は50 Bタイプなので、三連単配当は安い年と高配当の両極端な決着になる傾向があります。

開催年 単勝 馬連 3連単
2017 350 3210 40430
2016 550 1150 12500
2015 6320 21660 507590
2014 150 560 1550
2013 600 5720 48530
2012 410 1460 14700
2011 450 210 5220
2010 440 990 55300
2009 210 150 550
2008 190 160 5440

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、内枠や外枠が若干劣勢で、間に挟まれる枠の方が馬券への貢献度は高いようですね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢 劣勢

笠松競馬場の1400mコースについては、笠松1400m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、笠松競馬なんてどうせ逃げ・先行タイプが圧倒的…かと思いきや、実は逃げ馬は複勝率は脚質別でトップなんですが、逃げ切った馬が過去10年いません。

勝率トップは先行馬で、複勝率も逃げ馬並に高く、差し馬は勝率こそ低いもののそれに負けず劣らずの複勝率となっています。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 優勢 劣勢

予想のヒント

基本的には笠松競馬の1400mは7枠8枠と逃げ先行が有利です。ただ、この白銀争覇は強い馬が揃うだけあって、単純に外枠馬で決まらない方が多いですね。

ほとんどの年で7枠か8枠のいずれか、または両方が馬券に絡んではいるものの、圧倒的な優位とは言えない傾向が見てとれます。

展開的には連対できるのはせいぜい5,6番手までにつけた馬で、それ以下のポジションだと3着に食い込むのがやっとと言うのが例年の傾向のようですね。これも笠松競馬1400mの全体的な特徴から言っても整合性のある傾向だと言えます。

白銀争覇は毎年高齢馬でも馬券に絡む活躍を見せているので、中央競馬のファンでよく見かける「馬齢だけを見てすぐ切る」ような予想法をしている人は考えを改める必要がありそうです。とは言え9歳を超えて来るとなかなか馬券の対象には厳しいようです。

逆に言えば9歳までは元気って事ですから幅が広いです。

とは言え、この白銀争覇はそれほど若い馬が積極的に出走してきません。なので年齢の数字だけを見て決めるのではなく他の馬との相対的な年齢で比較する方がベターでしょう。

また、この白銀争覇は笠松競馬所属馬だけでなく、金沢競馬・園田競馬・名古屋競馬からも馬・騎手が集まって来るので、かなり白熱したレースになっています。特に園田競馬からの遠征組は高確率で馬券に絡んでいます。

理由は簡単で、休催中の金沢競馬組は地元で出たくてもレースが無いのですから、そもそも選択肢が他にありません。もちろん休養させておくと言う手もありますが、馬主としてはちょっとでも稼いで欲しいのが本音でしょう。

しかし、園田競馬の方はと言うと、賞金水準も高いし、地元もレースは開催していますから、わずかな金目当てに輸送をしてまで遠征させる必要はありません。つまり、遠征するからには勝ち負けになるような馬を用意している可能性が高いと言う事です。

データと言うのは単なる事実や数値の羅列に過ぎません。それを人間が解釈を加えて初めて生きた情報になります。しかし、解釈する人間が知識不足だったり、的外れな仮説を立ててしまえば、どれだけ良質なデータが大量にあっても意味がありません。

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする