木之前葵騎手 単勝回収率 統計データ 常に過剰人気で馬券的には狙いづらい

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

名古屋競馬所属の女性騎手・木之前葵騎手の単勝回収率について統計データを調べてみました。水曜日に行われるジャパンダートダービーではカツゲキキトキトに騎乗予定であり、大井競馬初参戦という事で注目が集まっています。

使用したのは木之前葵騎手の過去488レースの実際のレースデータ。過去488レースの内、1着になったのは43レースなので勝率は8.8%になり、単勝を買い続けた場合の単勝回収率は47.3%とかなりシビアな数値が産出されました。

この数値が体感レベルでどうかと言うと、名古屋競馬の1レースから10レースまで、ずっと単勝4.7倍の馬の単勝を買い続けて、たった1回しか当たらないレベルです。それが今日も明日も明後日もずーっと続くというのと同義ですから、これはかなり厳しいです。

ただ、レースぶりを見ていて決して下手くそな訳では無いと思うんですよね。リーディング順位も昨年も今年も10位ですから、そんなにひどい騎乗をしているわけでは無いと思います。

やはり女性という事で華もあり、ビジュアル的にもファンが多いようなので、そのへんが過剰な応援馬券を呼んでオッズが下がり、回収率の低下につながっているのかも知れません。

では、データを地元の名古屋競馬場でのレースだけに絞ってみると、どうなるでしょうか?

383戦34勝で勝率は8.9%で殆ど変わらず、単勝回収率は51.7%なので、笠松競馬場なんかを含めた全体と比べてみると若干良くはなっているものの、やはりまだまだ馬券的には厳しい数値です。

単勝1番人気の時に限定すると単勝回収率が67%までアップするので、人気薄の馬だとあまり勝ててないし勝てても馬券的には狙い目では無いって事になりそうです。

上記の事実を知っているのと知らないのとでは、馬券の成績には必ず幾ばくかの差ができます。沢山の事を知っていればいるほど有利ですし、無知であればあるほど馬券ではカモにされてしまいます。もうこれ以上負けるのが嫌な人はうまめし.com 競馬必勝法で勝ち方を学んでみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする