吉馬地方競馬版 競馬予想的中率と回収率検証

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

有名な競馬予想サイトの的中率と回収率を勝手に調べてみようという試みですが、今回は吉馬地方競馬版さんのWebサイトにおじゃまさせて頂きました。5/6の1日しかまだ調べていないので、これで吉馬地方競馬版の実力かどうはわかりません。

とりあえずは初日を終えた途中経過という事を頭に入れておいてください。

予想スタイルとしては出走表の右側に連勝式馬券の買い目が書いてあるのですが、今回もいつも通り◎印本命馬の単勝を買ったと仮定して的中率と回収率を見てみたいと思います。

今回は船橋競馬と名古屋競馬で、船橋競馬は全11レース中1レースと2レースは新馬戦なので過去のデータから指数を導き出すスタイルの吉馬地方競馬版さんは予想は無し。

余談ですが、結構こういう新馬は予想しない、馬券を買わないってスタイルの人って多いですよね。逆にそれってチャンスかも知れないんですよね。

なぜかと言うと、競馬初心者の人ほど「新馬だから買わない」とはならないんですよ。好きな騎手だとか、名前のフィーリングだとか、新聞の印に丸乗りとか、結構安易に買い目を決めますよね。なら新馬戦を攻略する事が出来れば玄人臭のする連中が休んでるわけですから配当独り占めですよ。

さて、話を本筋に戻しますが、船橋競馬の予想結果はこちら。

Screenshot_from_2016-05-07 03:15:09

素晴らしいですね。参加9レースで的中が2レースなので的中率は22.2%になり、回収率は122%と上々の結果になっています。では、続いて名古屋競馬の結果も見てみましょう。

Screenshot_from_2016-05-07 03:05:42

こちらは4レース的中なので的中率が33.3%で、回収率が85%になりました。

うーん、平凡ですね。しかし、結果をよーく見ると、意外と穴っぽいところを攻めているのがわかります。これは本来の回収率に収束するまでにある程度の期間が必要なタイプの予想スタイルかも知れません。

ちなみに名古屋競馬で吉馬地方競馬版の本命と1番人気が被った場合、的中率100%で回収率は116.7%になってますからね、名古屋競馬って日本一かたい競馬場なんで結構穴狙い難しいんですよね。

仮に、仮にですよ、船橋競馬では穴狙い、名古屋競馬では本命狙いと使い分けたとしたら、今回拝見させてもらった予想だけ見て言えば吉馬地方競馬版のポテンシャルが発揮できるようです。

期間を長くすればするほど本来の予想力が見えてくるだろうし、買い目をどうカスタマイズすればもっと良い結果につながるか?とかも見えてくるでしょうから、また機会を設けたいと思います。

園田競馬でも検証してみました。

前回南関東と東海を検証したので、今回は関西の園田競馬場の予想について調べてみました。日付は2016年5月12日、いつも通り◎印の単勝を買ったと仮定して集計してみましょう。

まずは初っ端の1レースから配当は140円と小さいものの手堅く的中。

しかし、幸先の良いスタートを切ったものの後が続かず、まさかの6連敗であっという間に7レースを迎えてしまいました。残り5レースで現在の回収率は23%と厳しい戦いです。

だがそこから怒涛の的中ラッシュ!7レース・9レース・10レースとポンポンと当てていき、最終レースを残して回収率は55%と前半の連敗が大きく響いている状況。

最終レースで550円以上の配当を的中させないと回収率はマイナス。的中しても330円未満の配当なら回収率が80%を下回ってしまいます。

最後に指定された◎はバイスブルー、鞍上の小山騎手は騎手4年目の若手。単勝オッズは6.3倍で当たれば回収率100%突破します。

10番人気ユウキファインが果敢に逃げて、もはや逃げ切りかと思うところを外から一気にクビ差差し切って見事1着!

kichiuma20160512-1

これで園田競馬での検証はプラス収支にて終了。

Screenshot_from_2016-05-12 22:59:20

ただ、川崎や笠松ではやや低調気味だったようで、今後も検証を続けて「吉馬の活用法・ハマりどころ」を探って行ってみたいと思います。とりあえずは途中経過まで。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む