山本聡哉騎手 単勝回収率 統計データ 地元岩手盛岡水沢より他場で穴 1枠で高回収率

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

現在岩手競馬のリーディング1位、山本聡哉騎手の単勝回収率について調べたので、その内容をあなたにもシェアしたいと思います。

山本聡哉騎手の過去500レースの統計データを使用して調べたところ、山本騎手の単勝を500レースずっと買い続けた場合の勝率は22.2%で、単勝回収率は85.2%になりました。

これはリーディング1位のジョッキーとしては優秀な方だと思います。盛岡競馬場だけに限定して調べてみると、単勝回収率は76.5%になりました。つまり他場と比べると相対的に見て盛岡競馬場が苦手であるか、もしくはファンに過剰に期待されてしまっていると言えます。

山本聡哉騎手が競馬場を問わず、過去500レースの中で1枠1番から出走したレースは53レースあり、その1枠1番の時の馬券を全部買ったとしたら、単勝回収率は114.7%になりました。

一発の高配当があっただけでは無く、それなりに人気の馬での数値なので、今後この傾向が続く保証は無いものの、山本騎手がインに入った時には要注意と思っていて良いかも知れません。

ちなみに水沢競馬場での単勝回収率は81.3%で、盛岡・水沢ともに今回の過去500レースのデータの平均値よりも低くなっています。上記2場以外では園田・大井・金沢で騎乗したデータがありますので、それらが平均を押し上げていたようです。

つまり、地元では技術の上手さが知られているので過剰に人気し、他場に遠征した時には、そこの地元騎手が人気を集めるので盲点となって穴馬券の立役者になる…という感じでしょうかね。

上記の事実を知っているのと知らないのとでは、馬券の成績には必ず差ができます。沢山の事を知っていればいるほど有利ですし、無知であればあるほど馬券ではカモにされてしまいます。真剣に競馬で勝ちたい人はうまめし.com 競馬必勝法で勝ち方を学んでみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする