内田博幸騎手 単勝回収率 統計データ

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

内田博幸騎手の単勝馬券を買い続けた場合、果たして儲かるのかどうか?単勝回収率を調べてみたのでシェアしたいと思います。

2018年11/30までの状況

  • 1番人気での単勝回収率は69%
  • 芝での単勝回収率は33%
  • ダートでの単勝回収率は65%
  • 重賞での単勝回収率は130%

重賞の回収率がやたら高いのは4回勝った分すべてが単勝1000円台の配当だったため。たまたまの可能性もあるので数値を鵜呑みには出来ないですね。近年は計測開始当時とは逆に芝が悪くてダートがマシという状況が続いています。

2017年当時の状況

  • 1番人気での単勝回収率は71%
  • 芝での単勝回収率は52%
  • ダートでの単勝回収率は70%
  • 重賞での単勝回収率は20%

2016年当時の状況

  • 1番人気での単勝回収率は101%
  • 芝での単勝回収率は45%
  • ダートでの単勝回収率は90%
  • 重賞での単勝回収率は17%

17%とは…

2015年当時の状況

中央・地方問わずに過去500レースについて調べた結果、勝ったのは48回なのでおよそ1割ほどの勝率で、勝った時の単勝平均配当が7.1倍、単勝回収率は68%なので、結構低い方じゃないでしょうか。

1番人気に推されたのが40レースあって、その時の勝率が3割、単勝回収率が75%なので、まぁ全体の68%という数値を考えれば1番人気に騎乗した時には無難に乗ってる感じですね。

2番人気に騎乗したのが52回あり、その時の単勝回収率が120%といきなり高数値で、3番人気でも単勝回収率87%とJRAの単勝控除率20%を考えると、随分頑張っています。

4番人気でも113%の回収率ですから、今回集計した期間に限って言えば、「ウチパクは1番人気以外で、ある程度勝ち負け出来そうな馬に乗ってたら買え」という事になりそうです。

しかし、5番人気以下の馬に乗った場合の単勝回収率は非常に悪く、これは内田騎手のようにファンの多い人気騎手は馬に実力がなくても騎手の人気だけで、ある程度は単勝が売れてしまう…という背景もあるんじゃないでしょうか。

やっぱり上手い騎手であればあるほど、馬自体は平凡でも「あいつやったら何とかしてくれるんちゃうか!?」という期待を抱きやすいですよね。それが内田博幸騎手の下位人気層での回収率の悪さに繋がっているかも知れません。

芝とダートではどちらが単勝回収率が高いのかも調べてみました。調べる前にはやはり地方競馬出身のジョッキーなので、ダートの方が良いんじゃないかな?と予想していたのですが、調べてみると意外な結果が見えてきました。

芝のレースは単勝回収率70%で、ダートのレース単勝回収率は66%でした。

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする