うまめし.com 競馬必勝法

うまめし.com 競馬必勝法

大井競馬場2000m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

こんにちは、うまめし.comの北村です。

大井競馬場の2000mはダートコースで、東京大賞典・JDD・帝王賞などGI級競走の舞台となる事の多い数々の名馬が走り抜けたコースです。

馬券的にはわかりやすい傾向があり、スタートして最初のコーナーまでが充分距離があるため外枠の馬が自在に動いて良いポジションを取りやすく、外枠の馬が活躍しやすいコースとなっています。

ただJDDなどの若い馬の場合は外よりは真ん中よりはやや外程度の枠が有利なのか活躍していて、あまりに大外になると厳しいレースになるようです。内枠は総じて不利になりやすいですね。

大井競馬場2000m

また、大井競馬の2000mで行われる重賞は地方馬にとってもダートグレード路線を進むJRA馬にとっても最終目標になるような大レースが多く、強い馬がそこを目標に仕上げて来るので、馬券が荒れる事が非常に少ないです。

1番人気から6番人気ぐらいまでの馬で決まる傾向が強いのは他のダートグレードレースと同じですが、ただでさえ2000mになるとスタミナを必要とするわけですから、その舞台で自分より強い馬を負かすにはよほどラッキーな展開にならないと難しいと言う事でしょう。

JRAの馬と地方馬が一緒に走るダートグレードレースではなかなか波乱が起きないのですが、地方馬だけで走る場合には人気馬と下位人気馬の実力差が小さくなるため、チョイ荒れ程度には時々なることがあります。

それでもやはり地方馬では2000mを走り切るスタミナを持っている馬は少数なのか、上位人気馬の安定さが目立ちます。

地方競馬は逃げが有利なイメージを持つ人も多いと思いますが、過去5年間の大井2000mで行われたJBC以外の定期的に開催される重賞を振り返ってみると、逃げきったのはマグニフィカとスマートファルコンの2頭だけです。高低差の無い直線も平坦なコースですが、重賞で逃げきるには能力的に抜けている必要があります。

3歳馬のジャパンダートダービーでは、真ん中よりやや外の枠が活躍しやすく、古馬の東京大賞典は外の枠が有利なのですが、ハッピースプリントが単勝1.4倍で2着に破れ、カゼノコがハナ差だけ差し切った2014年のジャパンダートダービーもその傾向通りの結果となりました。

ゴールへの入線順位は10番→9番→8番→6番→4番で内枠は全滅、8枠馬も着外に消えました。

大井競馬2000mで行われる重賞は以下の通り

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項

うまめし.com 競馬必勝法

Copyright © 2002-2017 www.umameshi.com All Rights Reserved.