うまめし.com 競馬必勝法

うまめし.com 競馬必勝法

門別競馬場1600m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

こんにちは、うまめし.comの北村です。

門別競馬では平成27年より新たに内回りコースを新設して、従来には無かった1600mコースが誕生しました。そこで、門別競馬場の1600mコースの特徴や傾向を考察し、馬券攻略に役立ててもらおうと思います。

門別競馬場1600mコース図

今までの門別競馬場のコースは直線部がバック側とホーム側がそれぞれ400mあって、コーナー部も400mずつの1周1600mのコースだったわけですが、内回りコースになるとコーナーの長さは同じで、直線部分がバックストレッチが288mで4コーナーの終わりからゴールまでの直線が218mとかなりコンパクトになります。

最後の直線距離が218mという事は浦和競馬場よりも2m短い直線になり、従来の門別コースと比べてペースもスローになって先行馬の前残りが多くなります。

大井競馬場も内回りコースで1600mの距離設定がありますが、大井競馬のマイルコースと比べてバックストレッチが100mほど短く、コーナー部がそれぞれ86m長く、最後の直線は大井競馬場の内回りコースよりも68mも短くなっています。

つまり、先行しない・できない馬にとっては向正面の後半から動き始めて、コーナーで馬群の外を通ってマクって前に行けるだけの脚が無いと、なかなか勝てないという事です。外回りコースのように3・4コーナーの中間あたりから、前がバラけるのを狙って馬群を捌き、長い直線でスピードに乗せる…わけにはいかないですね。

枠順の有利不利について考察

最初のコーナーまでは300m弱あるのでさほど内枠にしても外枠にしても、有利にも不利にもならないと思います。どちらかと言うと門別競馬場の1600mでは枠順よりも脚質の方が重要になると思います。

ただし、フルゲートは16頭立てですが少頭数で行われる場合は意外と外枠の馬にとっては競馬がしやすくなります。なので、例えば前走多頭数で内で包まれたり、コーナーで大外を回らされてしまって不完全燃焼したような馬は、少頭数で「マクリやすくなる」のはリベンジの大チャンスなので注意した方が良いですね。

門別競馬外回りと内回りのコーナーのRについて考察

内回りと外回りに別れた競馬場は2パターンあって、阪神・京都・中山のような内回りと外回りでコーナーのR(カーブのきつさを表します)が違うパターンと、大井競馬のような直線部が短くなるだけでコーナーのR自体は内外同じというパターンです。

で、門別競馬場の内回りコースはと言うと、大井競馬と同じように内回りと外回りではコーナーのきつさは同じで、コーナーから直線に進入する角度などもほぼ同じです。つまり門別競馬場の1600mコースにおいて馬群は外回り同様スムーズに直線コースに進入する事ができるため、特別外回りと比べて馬群がバラけやすいとか、そういう事はありません。

この点も先行有利になりやすい特徴と言えそうですね。ただ、多くのジョッキーがそこを意識して「先行有利なので前へ」という意識が働きすぎると、金沢競馬でよく見られる先行争いの激化によるハイペースで先行馬丸つぶれ…という結果になるので、そこの見極めは重要です。

門別競馬場1600mコースで行われる重賞は以下の通り

うまめし.com 競馬必勝法

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項

うまめし.com 競馬必勝法

Copyright © 2002-2017 www.umameshi.com All Rights Reserved.