うまめし.com 競馬必勝法

うまめし.com 競馬必勝法

中京競馬場芝1400m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

中京芝1400mのコース特徴、傾向や攻略法について考察していきたいと思います。中京競馬場の芝1400mは2コーナー終点付近の引込線からスタートして、ワンターンして直線を迎えるコースレイアウトになっています。

中京競馬場 芝1400m コース図

中京芝1400mコースは、スタートしてから最初のコーナーまでが500m以上あり、外枠の先行馬にとっては、焦ってスタートダッシュをせずとも内枠の馬の動向を伺いながら動ける利点があります。

内枠の先行馬がぶっ飛ばすようなら外枠の先行馬は抑えれば良いし、内枠の先行馬が甘いようなら先手を奪いに動けます。いずれにしても無理をしなくて済みます。

なので、通常有利に思われがちな1枠の逃げ馬よりも、8枠の逃げ馬の方が勝率が高くなる傾向があります。単純に見た場合には多頭数に限定した場合、統計データ上では枠順の有利不利は殆ど見られません。

その馬の脚質や展開によって内枠が良いか外枠が良いかは違って来ますので、単純にデータの数字を羅列しているだけのサイトの記事は信用しない方が無難だと思います。

勝率や複勝率などの点では枠順による差は大きくは無いものの、オッズの数値以上に好走するという意味なら外枠の馬が狙い目です。

これはなぜかと言うと、先行した馬がバテて脚が止まって壁になった時に、インコースで馬群の中にいる馬は身動きが取れないのに対し、外枠で馬群の外にいる馬は脚が残ってさえいれば馬群から抜けだしてスパートしやすいからです。

つまり、内枠を引いたからという理由で無理に逃げれば最後の坂で脚が止まる。内枠にいるのに外の馬に先行を許すと馬群に包まれて動けなくなる。外枠から無理に先行するとスタミナを消費してしまい最後の直線でバテる。なので結局外枠から差しに構えていた馬が活躍しやすくなるという事です。

中京競馬4コーナーの攻防

最後の直線の長さが長いので、脚を残した差し馬にとってスピードを乗せやすいという事もありますし、スタートから100mを通過したあたりから3コーナー4コーナーと最後の直線の入口付近まで長い長い下り坂が続くため、コーナー部で一息入れる先行馬に対して、下り坂を利用して外から一気に加速してマクリに行きやすいという事もあります。

1400mというのは短距離にカテゴライズされるわけですが、1000mや1200mと比べて当然距離が長い分スタミナが要求されます。さらに中京競馬場は直線の途中で急激な上り坂があるため平坦な1400mコースと比べてさらにスタミナを消費しやすいと言えます。

中京芝1400mで行われるレースの6割以上が18頭のフルゲートになっていて、多頭数ではあるものの、レースの8割が新馬・未勝利・500万下と言った下級条件のレースのため、単勝1番人気の勝率はJRA全体の平均よりやや少ない程度に留まっています。

うまめし.com 競馬必勝法

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

競馬初心者向けのコンテンツ

競馬アプリ

ご案内 注意事項

うまめし.com 競馬必勝法

Copyright © 2002-2017 www.umameshi.com All Rights Reserved.