うまめし.com 競馬必勝法

うまめし.com 競馬必勝法

サイン読み馬券を真面目に検証してみる

こんにちは、競馬必勝法うまめし.comの北村です。

サイン馬券と言うと、イメージされるのは時事ネタだったり、何か大きなニュースがあった時に、 その出来事に関連・連想するような数字や名前の馬が馬券に絡むのを狙う馬券術だと言う認識の人が殆どだと思います。

実はサイン馬券の元祖は地方競馬調教師を祖父に持つ、 元教師の高本公夫さんと言う人がスポーツ紙に連載していた予想コラムがよく当たると言う事で、 その高本さんの手法がサイン馬券の発祥だと言われています。

その当時の高本さんの予想の方法は、馬主の経済状況・厩舎の人脈・JRAの集客戦略・競走馬の整理面など、 競馬場内外での徹底した情報収集によって必然性を説く方法でした。 競馬で勝つ方法・厩舎の意図を読む で私が書いたような考え方も当然取り入れられていたはずです。

つまり、この当時のサイン馬券術と言うのは、現在使われている「天の神様の啓示」だったり、 「JRAからの勝ち馬を教える暗号を解読」だったりと言うオカルト的な考えではなく、 「勝負がかった馬・厩舎の発するサイン(兆候)を見抜く」と言う実に理論的なものだったのでは無いかと言う事が伺えます。

どうして現在のようなオカルト色が濃いものになったかと言うと、 厩舎と競馬関係者が競馬場近辺から郊外のトレーニングセンターへ所在地を移した事や、 JRAの取材システムが変わり、高本さんの欲しい情報を得る事へのハードルが高くなったため、 元々の予想スタイルから「JRAの枠順は仕組まれている」と言う発想の馬券術へ変化して行った 事が原因だと言われています。

そう、高本さんが今までご自身が足で稼いできた情報収集力こそが他者の猿真似や追随を防ぐ 参入障壁となっていたわけですが、JRAが仕組んでいるとか、ポスターに勝ち馬のヒントが隠れているぞとか、 そういう事は誰でも大した努力を必要とせず憶測だけでも発言する事が出来てしまいます。

そのため、二番煎じ三番煎じの亜流が多数発生し、 本来の勝ち馬の兆候を見抜くと言う視点はすっかり抜け落ちてしまいました。

クチコミサイトやQ&Aサイトでも時々憶測だけで書き込みをする人を見かけますが、 それらの憶測や推測だけの書き込みは誰でも簡単に書けますし、内容の低レベルになりがちです。 それを見ても一気に「サイン馬券」と言うジャンルの質の低下が進んだのだなと言う事は容易に見てとれます。

そういう訳で私としては、オカルト色の強いサイン馬券には少々否定的です。 もちろん馬券をただ単に楽しむだけなら、どんな方法で予想しようがそれは個人の自由ですが、 やはり競馬だけで食って行く馬券生活者としては「どうしてかわからないけどそうなる」と言う馬券術よりも、 「科学的・物理的・理論的にこうなる理由がある」と言う理詰めで取れる馬券術の方が、 再現性も高くブレが少ないし、何より自分の予想に必然性があり自信が持てます。

多くの負け組の人たちの馬券には根拠がありません。 当の本人達は根拠のある馬券を買っているつもりなのですが、まるで的外れな事を根拠だと思っているので、 いつまで経っても競馬で勝つ事が出来ないでいるわけです。

私のように「正しい理論的な根拠の探し方」を知っている者が勝ち続け、
知らない者が負け続けると言う図式が、もう何十年も続いているのです。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項

うまめし.com 競馬必勝法

Copyright © 2002-2017 www.umameshi.com All Rights Reserved.