阪神牝馬ステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

阪神牝馬ステークスは阪神競馬場の芝1600mで行われる牝馬限定の重賞です。阪神牝馬ステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向をさぐっていきたいと思います。

過去10年間の払い戻し金データから過去配当の傾向を見てみると、あまりガチガチに堅いとは言えないですし、いつも大荒れするレースでもありません。単勝1番人気は3.2.0.5と平均的な1番人気と比べて少しだけ信頼度が劣ります。

うまめし偏差値:51 Nタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は51のNタイプ(Nはニュートラルの意味)で、高配当も低配当も、平均的な配当も全てがバランスよく出現しているので、配当の傾向が全然出てないという事を意味しています。

開催年 単勝 馬連 3連単
2017 220 820 6370
2016 280 350 3320
2015 980 5280 68950
2014 220 630 12150
2013 450 2320 61070
2012 5510 22180 441470
2011 420 3620 38300
2010 2370 8330 446150
2009 1990 6420 149870
2008 880 1310 52240

ただし、以前はこの阪神牝馬ステークスは芝1400m戦だったのですが、2016年に芝1600m戦に変更となり、それ以降は3連単でも1万円を超える配当が出ていないので、今後の動向には注意を払っておきたいですね。

枠順傾向

枠順の傾向については距離が1600mに変更された2016年以降のデータのみ使用して考察していきますが、いまのところ馬券の出目に出現していないのは1枠と2枠と7枠。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

データが少ないので過去の結果だけではなんとも言えませんが、同コースで行われるレースを調べてみると、おそらく外枠勢にやや有利な点があると考えられます。

阪神競馬場の芝1600mコースについては阪神 芝1600m 特徴でも書いているので、そちらも良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、こちらもやはり2016年以降の少ないデータを基にせざるを得ないわけですが、逃げから追い込みまで結構満遍なく馬券に絡んでいて、現段階では特に有利な脚質を判断できません。

ただ、こちらも他の同コースのレースを参考にすると、若干外枠からの差しが馬券的には重要なポジションになるのではないかと考えられます。

予想のヒント

以前に過去10年間のデータを調べた時には、勝ち馬の半数が「前走1600万クラスで出走」という傾向があったのですが、距離変更されて以降の勝ち馬は前走G1や秋華賞での連対馬など実績のある馬が来ています。

ただ依然として重賞での実績も無視は出来ないものの、前走1600万条件戦などの最近勢いをつけてきた馬には注意が必要。

本気で競馬で勝ちたい人以外は読まないでください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする