条件付き競馬必勝法と言う考え方

競馬必勝法、競馬ファンなら誰しも一度は連戦連勝の夢を思い浮かべた事があるはずです。しかし、一見的中しやすそうな複勝ですら買ってみると意外と当たらないなぁと感じているのが普通でしょう。

競馬には必勝法って存在するのでしょうか?実は、いきなり結論から言うと、必勝法は存在します。こう言うと必ず出る反論として「じゃあ全員が同じ方法を使ったらどうなる?全員儲かるのか?」と言うのが定説ですが、

全員がやったら儲かりません。(当然)商売だってそうです。八百屋が儲かるからと言って、世界中の人が皆八百屋になっちゃ儲からないでしょ。金貸しが儲かるからと言って、世界中の人が皆金貸しになっちゃ儲からない。

それと同じですね。ま、言うなれば「条件付き必勝法」とでも言うべきでしょうか。その方法を「誰にも言わず守秘すれば、利益を重ねる事が可能になる」と言う事です。

事実、株やFX・先物取引などの相場の世界では、この「条件付き必勝法」はほぼ確立されています。それは中央競馬であっても、大井・川崎・船橋・浦和のような地方競馬でも同じです。

情報弱者が搾取され続ける格差社会

投資の世界では利益を出すのは簡単です。売買シグナルが出たらポジションをつくり、損切りを徹底し、損小利大を守るだけ。ヒトコトで説明できてしまいます。

つまり、すでに上手く行っている人の方法を真似するだけで、ちゃんと利益が出る方法が存在しているのです。じゃー、株の世界で全員が同じ事をしたらどうなるか?当然利益を出す事はありません。

つまり、株などの相場の世界にしろ、競馬などの博打の世界にしろ、「参加者全員が儲かる方法」はありませんが、「情報格差・知識格差を利用して儲け続ける方法」はちゃんとあるのです。

知っているか、知らないか、知ってるけどやらないか、知ってるからやっているか、この4パターンしか無いのです。

わかりやすく、たとえ話をします。あなた以外の競馬ファンには馬の名前も競馬新聞もパドックも何も与えられていません。当然、多くの人は好きな数字や好きな帽色で賭けるぐらいしか方法がありませんね。なので人気(オッズ)は割れるはずです。

そこに、あなただけ競馬ブックを持ってたらどうでしょう?競馬ブックの大本命(◎◎◎◎◎◎◎)の馬が10倍の単勝オッズだったらどうでしょう?ね?勝てそうでしょ?大儲けできますよね、普通に考えて。

普通はそういう馬は1.5倍とかそんな配当しかつかないから困るわけです。実際のレース、2010年のフェブラリーステークスでシミュレーションしてみましょう。以下が実際の確定オッズ

当然皆さん情報を得ているので、どの馬もそれ相応のオッズになっているように見えます。

さて、ここでドラえもんにお願いして、自分以外の競馬ファンは一切何の情報も与えられていない世界を体験してください。当然競馬ファンには一切何の情報も 与えられていないので、どの馬が強いとか、実績があるとか、パドックや返し馬の調子すらわかりません。馬番号だけが判断基準なのですから、当然オッズは↓ のようになります(もっと言えば、この世界ではあなた以外の他の人はオッズすら見れません!)

どうでしょうか?エスポワールシチーの単勝12倍、複勝4倍魅力的だと思います。これが情報格差・知識格差の力なのです。

情報強者・知識強者から見れば、あなたが普通に見ているオッズモニターは、このように「思わずニヤリと笑ってしまう」状態に見えているのです!!!!

でも、現実の世界では全員が競馬ブックやそれに類する新聞を手に入れてますし、出走馬の名前や過去の戦績、パドックでの馬体のチェックまでできてますよ ね。だから、オッズが高すぎれば票が入るし、オッズが低ければ票が散ってオッズが上がるし、締め切りの時間にはそれ相応のオッズに落ちつくわけです。

と、言う事は、どれだけレースの結果に直結する情報を持っているか?は非常に勝敗を分ける要素である事がおわかり頂けると思います。

質の低い情報はノイズでしかありません。

「あれでしょ?関係者情報ってやつ???」「馬主や厩舎関係者に知り合いでもいりゃ別だけど、一般人にそんな情報入ってこないよ」それじゃーありません!違います!そういう関係者情報とか、裏情報とか、そういう怪しい情報が必要なのでは無いのです!

もちろん他人の持っていない情報を持っている事は非常に馬券戦略上重要ではあるのですが、なかなか他人の持っていない情報を得ると言うのは難しいもので す。しかし、競馬で勝つために必要なのは「他人の持っていない情報を得る」事ではなく、どの情報を、どれぐらいの比重で重要視するか?が一番重要なんで す!!!

簡単にわかりやすく言いましょう。馬名を重視して、カワイイ名前の馬をついつい選んじゃうAさん、枠連の出目予想が大好きで馬の成績もクソもなく、ひたすら出目予想のBさん、パソコンを使ってほにゃらら指数を出し、オッズと見比べて検討するCさん、

さぁ、この3人の馬券師。それぞれ重要視している情報が違います。これは非常に極端な例ですが、競馬ファンの中には上がり3Fが気になる人もいれば、前走の成績を重要視する人もいるし、近走はどうでも良くて血統やパドック重視の人もいます。

良いですか?ここからムチャクチャ重要な話です。あなたの馬券収支は、あなたがどの情報を重視するかを決めた瞬間にすでに上限も下限も決まっているのです!!!

なぜなら結果と言うのはプロセスからしか生まれません。高カロリーの食事をして、運動をしないと言うプロセスからは肥満が結果として生まれます。低カロリーの食事をして、運動をすると言うプロセスからはスリムな体が結果として生まれます。

結果を変えたければプロセスを変えるしかありません。そして、競馬においてプロセスとは結局、「どの情報をどの程度重要視するか?」に尽きるのです。

「負ける情報重要比率」で馬券を組み立てている人は負けるし、「勝てる情報重要比率」で結論を導き出す人は勝てるのです。馬券の正解は、たったそれだけのシンプルな事なのです。

この円グラフは適当なものですが、例えばこんな2人の導き出した結論は、同じ馬券にはなかなかならないでしょうね。全員が同じ馬券を買わないと言う事は、要はそれぞれ重視しているものが違うからと言うことなのです。

あなたも勝ち組のプロ馬券師が採用しているその「勝利の情報重要比率」を知りたいと思いませんか?もっとも重視しなければならない情報、ただそれだけがわかれば馬券で儲ける事など簡単なのです。

競馬で儲ける詳しい方法はうまめし.com 競馬必勝法で公開しています、是非参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする